エジプト旅行3日目

今日はルクソール西岸にある王家の谷・ハトシェプスト女王葬祭殿へ。
西岸の観光地は点在しており、歩きで各地を回る事はムリ!
また、公共交通機関もない(?)ようである、あってもよくわからん。。。。

という事で、西岸の観光方法は下の三つの方法となる。

1、宿のガイド付きの西岸ツアー(難易度★☆☆☆☆)
   交渉等不要でバスが連れてってくれる楽チンプラン

2、船で西岸にわたりタクシーをチャーター(難易度★★★☆☆)
   楽チンだがタクシーの交渉などが面倒臭い。

3、チャリを借りてチャリで回る(冬:難易度★★★★☆ 夏:難易度★★★★★)
   一日20~30km自転車をこぐので体力的にしんどい。坂も結構ある。体力次第

難易度はかなり独断と偏見が入ってますが、
ざっとこんな感じでしょう。


上の選択肢の中から選べと言われたら

男たるもの
今は冬だし(と言っても昼は25℃くらいで日差しが強い)
③チャリしかないでしょ!

ということで、
チャリで行ってきました!


チャリで行く場合の難所は、
1.安いローカルフェリー乗り場にたどり着く(客引きについて行き高いプライベート船に乗らない)
2.王家の谷の手前の坂がきつい

1.は地図で確認しておけばOK

2の坂対策として
朝の比較的涼しい時間に一番きつい王家の谷へ行く
→帰りは下り坂で楽々ハトシェプスト女王葬祭殿へ
→さらにその他遺跡へ
というルート取りで行く

完璧だ!
完璧に練られた計画!
これで完全犯罪!

という、冗談は
さておき、こんな感じで西岸を観光してきました。

まずは、予定通りローカルフェリー乗り場にたどり着き、
ローカルフェリーで一路西岸へ

041.jpg


そこから自転車で20分ほどで西岸の観光地の入口にある
メムノンの巨像にたどり着く

042.jpg

ヒビだらけですが、でかかったです。

さらに自転車をこぎ、
ここからは上り坂も続き。。。

047.jpg


休んではチャリをこぎ、


歩いてはチャリをこぎ、

なんんとか王家の谷に到着。
ここは写真NGなので写真撮ってませんが。

料金の方は入場料40LE(学割)で3つの墓に入れる
ツタンカーメンの墓への入場はは100LE=1500円と高ーい別料金が必要で、
ラムセス5世の墓とかも50LE=750円と高いので
3つの墓だけ入る事に。

どの墓も美しかったですが、まーこんなものかというところでしょう。

ラムセス1世の墓の中にいたガイドの人に石棺抱いてOKOKと言われて石棺抱いてしまった。
ツタンカーメンの呪いならぬ、
ラムセス1世の呪いで何うか悪い事が起こらないか
不安を抱きつつ王家の谷をあとにする。。。