高速で動き回る魚をきれいに撮りたい!
一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮りたい!
というのは、水中で撮影しているとよく感じますよね。

そういう場合には、やはりAFの速さ・正確さとか
シャッターを押してから写真が撮れるまでの 時間(レリーズタイムラグ)が
重要かなと個人的には思っています。

 ということで、以下のサイトなどを参考に以下の項目をまとめてみました。
・電源が入るのにかかる時間
・レリーズタイムラグ
・電池1本で撮れる撮影枚数
http://www.imaging-resource.com/camera-reviews     
 
キャプチャ
AFフレーム数は
PenLite E-PL5/6, OM-D EM5は35点
PenLite E-PL7, OM-D EM1は81点

キャプチャ2


現在使用しているS110に比べて、
どれを買っても電源が入るまでの時間とかシャッターラグとかは改善しそうですね。
CANONのコンデジとOlympusのミラーレスを比較すると、
電源が入るまでの時間やレリーズタイムラグはミラーレスのほうが有利で、
高級な機種であればあるほど性能がよいという感じでしょうか。

AFフレーム数もG7X, G1XMk2でも31点
Olympusのミラーレスでも35点以上ということで、
S110よりもきっとピントはあいやすいのではないかと推測。
 
(素人が調べて記事を書いているので、
 間違い・コメントがあればお知らせいただければ幸いです) 

カメラの性能だけでなく、
魚の動きを推測してシャッターを押すのが一番大切な気がするのですが、
水中では夢中になりすぎてそこまで頭回りません(笑)


次回はレンズ周りも見てみます。。。