与那国島の最東端に位置する東崎にも行ってきました。
東崎の周辺は馬の牧場になっています。
この周辺には与那国島固有の馬である与那国馬が飼われています。
灯台に海に馬に牧場にとかなりナイスなロケーションなのです。



馬といっても温厚な性格なため、
近づいても襲ってきません。
むしろこやつら人馴れしすぎて不安になります 。。。
もう、どんどん迫ってきます。。
道に駐車場に御構い無しです。。。

そして上の写真のように一匹だけでいるだけであれば、
そんなにビックリしないのですが。。。




群れてます。
群れで歩道を封鎖してきます。
群れで草を食みます。
自由です。
うらやましいです。


馬と戯れながら東崎の灯台のほうに向かいます。



 
海と写真と牧場と

落ち着きます。

草原で寝転んでのんびりした時間を
過ごしたい気持ちは山々なのですが、
馬の糞地獄です。
馬糞を避けて歩くのは不可能です。
新鮮な馬糞を避けて歩くので精一杯!
古い馬糞を踏んでしまうのは我慢。

馬糞を避けつつ、踏みつつ歩き、
何とか海のそばまでやってきました。


 
いい眺めですねー


ん??


柵がない!!


そう、柵がないのです 


かつては柵があったと思われますが、
今はありません。
柵跡の向こうは断崖絶壁。


この柵の向こうの崖に一歩踏み出せば、
間違いなくあの世行きです。


この東崎周辺のように与那国島の周囲はほぼ断崖絶壁で覆われています。
かつて与那国島は渡難(どなん)と呼ばれていたそうです。
周囲の波が荒く、海流も複雑で、周囲がほぼ断崖絶壁で覆われている。
人を引き付けない猛々しいイメージです。


そんな断崖絶壁で草を食む馬。




今にも落ちてしまいそうな場所で草を食べています。 
日本にもこんな場所があるんですね。
まるで海外の秘境みたいです。


ここ東崎は与那国島最東端ということもあり
綺麗な日の出を拝むことができます。



 
この日は天気が悪かったのでイマイチですが、
天気がいい日にはここから絶景を拝むことができます!
2015年の初日の出も東崎で拝みたかったのですが、
前日の飲みすぎて断念。