石垣島なんかに比べれば与那国島自体そんなに観光地化されておらず、 
アクセスもいまいちよくないので、観光として訪れにくい島です。

そんな与那国島ですが、お土産といってもあまりピンときません。
その上、お土産屋さんっぽいお店といえば、空港の売店程度です。 
あとはスーパー、というか個人商店でお土産を買えますが、 
観光地によくあるような売店は一切なかったと思います。 

そんな、観光客向けの売店が少ない与那国島へ旅行に行った際の 
お土産について紹介します。 


泡盛


定番のおみやげです。 
お酒の好きな方には泡盛をお土産で買うのがおすすめです。
有名な銘柄は、『与那国』と『どなん』
与那国島では花酒と呼ばれるアルコール度数60度のお酒を売っています。
詳細は下記記事にまとめております。
日本一アルコール度数の高い酒 与那国島のみで製造が許可された花酒 


長命草


長命草とはボタンボウフウ(牡丹防風)とよばれるセリ科の植物です。 
夏には小さな白い集合花を咲かせるそうです。
この長命草はビタミンやミネラルがホウレンソウよりも豊富なミネラル分を有しています。
そのため、 高血圧・動脈硬化・神経痛・風邪などの病気に効くとされ、
強力な抗酸化作用をゆうしていため、肝臓の保護作用があったり、
 さらには、発がんを抑制する効果もあるのではいかといわれています
また、ポリフェノールやビタミンC・ビタミンEを多く含んでおり、
美肌効果もあるため、女性向けのお土産としておすすめです。
与那国島の長命壮は長命草ドリンクなどとして資生堂とタイアップして
全国各地で販売されているそうです(見たことないですが。。。)

資生堂 長命草(ボタンボウフウ)ドリンク 125ml×30本

新品価格
¥4,700から
(2015/2/25 00:22時点)


長命草の青汁 パウダー 3g×30包

新品価格
¥1,800から
(2015/2/25 00:22時点)


その他、長命草ロールケーキや長命草ナッツなど購入可能です。


『石垣の塩』などの沖縄の塩をスーパーで見かけることが、
よくあるかと思います。
与那国島でも比川地区の与那国製塩や祖納地区の蔵盛製塩などのように
海塩づくりも盛んにおこなわれています。

◎与那国製塩(詳細は下記の記事)
Drコトー診療所のロケ地跡のある与那国島第三の町 比川地区

◎蔵盛さんちの塩

与那国島の蔵盛さんちの塩 粗塩 100g

新品価格
¥1,080から
(2015/2/25 00:31時点)


 

他にも各種雑貨店の商品など、お土産としてよさげなものがいくつかありますが、
今回は簡単なご紹介ということでこの程度にしておきます。
(時間をみつけて追記してみます)