現在、陸上で写真を撮影するときの一眼レフカメラとして、
CANON のEOS Kiss X7i(センサーサイズはAPS-C)を使っていますが、
所有レンズはキットレンズとして付属していた18-135mmの標準レンズのみです。


18mmでも十分広角で広大な風景を写すことができるのですが、
旅行などに行くと、広大な風景を一枚の写真に写せうような超広角なレンズを使って、 

広大な風景を一枚の写真に写し取りたくなってくるものです。

というこうで、現在使用しているAPS-CのCANON EF-Sマウント向けの
超広角レンズを購入しようと思い比較してみました。

まず、どんなレンズがあるかしらべみました。
ざっくりこんな感じです。
(全て網羅できてないですが)
・Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM 
・Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
・SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
・SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
・Tokina AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL
・TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII LD Aspherical (Model B001)
・TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD(Model B023)

ちょっくら詳しく見てみます。
 

Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM 

CANONの純正のレンズです。
重量が240gと軽く、価格も3万円台とお手頃です。
KissX7などのカメラの本体重量が軽い機種では、
重量のバランス的にはいいかもしれませんね。
F値が4.5-5.6とF値が大きく、レンズの明るさがネックでしょうか。
とにかく軽く、そして、お手頃に超広角レンズを触ってみたい人向けでしょうか。


by カエレバ

Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM APS-C対応

新品価格
¥76,280から
(2015/6/8 00:19時点)

先ほど説明したCanon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM の
ワングレード上のものです。
F値が3.5-4.5と先ほどのレンズに比べて明るくなっています。
やはり純正レンズということで、AFが速いのが魅力になるのでしょうか。
重さも385gとグレードアップしているにもかかわらず思ったほど重くないですね。
ただし、値段が7万円台となっており、高価なのが個人的にはきついです。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM


SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM キヤノン用 APS-C専用 202545

新品価格
¥49,000から
(2015/6/8 00:25時点)


このレンズは魅力はF値がワイド端からテレ端まで通しでF3.5で、
焦点距離10mmで撮影しても、20mmで撮影してもでも明るいです。
重量が555gと少々重いのがネックですが、
それ以外のスペックでは欠点は少ない感じがします。


SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM


SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

新品価格
¥58,800から
(2015/6/8 00:25時点)

このレンズの特徴はなんといっても、ワイド端が8mmからであるということ!
使いこなすのは難しそうですが、すごい独特な絵作りができそうです。
玄人好みですが、どんな絵作りができるのか、個人的には興味深いです。
(一度このレンズをもって撮影旅行に行ってみたいです)
8-16mmという焦点距離を実現するために、
F値は大きめのF4.5-5.6となっており、明るいレンズがほしい人には不向きでしょうか。


Tokina AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL


Tokina 超広角ズームレンズ AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL キヤノン用 APS-C対応

新品価格
¥53,731から
(2015/6/8 00:43時点)


このレンズはF値が通しでF2.8ということで、非常に明るいレンズです。
とにかく明るさがほしいという方にはおすすめです。
星を撮る人(星景写真)がよく使用しているレンズだそうですので、
星を撮るために広角レンズがほしいという人にはおすすめです。
ただし、焦点距離が11-16mmとズーム倍率が低いのが欠点でしょうか。
重量も少し重めの560gとなっています。


TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII

TAMRON 超広角ズームレンズ SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII キヤノン用 B001E APS-C専用 レンズ保護フィルター付き

新品価格
¥46,053から
(2015/6/8 00:45時点)



10-24mmということでズーム倍率は高いですね。
明るさもF3.5-4.5ということで標準的な明るさのレンズで、
価格は4万円台とお得。
重さも370gと軽いため持ち運びの面でもいいかもしれませんね
(純正レンズCanon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMと仕様が似ていますが、
 こちらは純正レンズではないので、AFの面で劣るでしょうか?)



TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD

TAMRON 超広角ズームレンズ AF10-24mm F3.5-4.5 DiII VC HLD キヤノン用 APS-C専用 B023E

新品価格
¥55,967から
(2017/3/26 22:32時点)



TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiIIの後継として2017年2月発売。
焦点距離10-24mm、明るさもF3.5-4.5ということで
旧モデルと同様にズーム倍率が高く標準的な明るさのレンズです。
旧モデルにはなかった手ぶれ補正(VC)を加えていたり、
AFの駆動方式が変わっていたりします。
価格は発売直後ということもあり5.5万円ほど。 
重さも440gと旧モデルよりも少し重くなってるものの他のレンズよりも軽く、
旧モデル同様に持ち運びやすいレンズです。



CANON APS-C機向け超広角ズームレンズの比較


というこで、各レンズの性能をまとめるとこんな感じになります。

レンズ メーカー 焦点距離 F値 重さ
Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM  CANON 10-18mm F4.5-5.6 240g
Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM CANON 10-22mm F3.5-4.5 385g
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM SIGMA 10-20mm F3.5 520g
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 555g
Tokina AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL Tokina 11-16mm F2.8 560g
TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII Tamron 10-24mm F3.5-4.5 370g


スペックだけを見た個人的な印象ですが、
・軽さと安さ重視なら、Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM 
・純正でよい性能のレンズを使用したければ(AFが速い?)、Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
・明るさ重視なら、F値が小さいTokina AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL
.・広角側の画角が広いレンズを使いたければ、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
・ズーム倍率が高いor軽いレンズがほしければ、TAMRON AF10-24mm F3.5-4.5 DiII
・癖はないけれどバランスが良いものは、SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM

そんな私は超広角の世界はド素人なので、
軽さと安さ重視でCanon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM にしようかと思いましたが、
レンズは資産と自分に言い聞かせ(笑)、
欠点が少なくバランスが最もよさそうなSIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMを購入しました。

ということで、どんな絵作りができるか勉強しながら、
町や旅行に連れ出してもう少し遊んでみます!