西表島のダイビングでは、
前回の記事で紹介した仲の御神島、通称オガンが
イソマグロやギンガメアジやバラクーダの群れに遭遇できる
ビックポイントとして有名ですが、
オガン以外にも大物の群れに遭遇できるポイントが多数あります。

そのポイントのひとつが、トカキン曽根です。
トカキン曽根は、西表島北部の上原港の北西に位置しており、
上原港から15分と非常にアクセスも楽チンです!
(オガンは上原港から船で1時間以上かかります。。。)
潮の流れも多少はありますが、
オガンほど潮の流れは早くないので、安心して潜ることがでます。

そんなトカキン曽根ですが、
今回の西表島滞在中、タンク全10本潜ったのですが、
そのうちトカキン曽根は3本潜りました。
しかし、毎回違う種類の魚たちに会うことができて、
とても面白いポイントだと感じました。

と、最初からまとめのような話をしてしまいましたが、
とある一本ではエントリー直後にバラクーダの群れに遭遇しました。
この一本は金魚の糞のように、(というかバラクーダの糞のように?)
ずーーーっとバラクーダに張り付かせていただきました(笑)





人の大きさと比べてもらえればわかると思いますが、
大きな群れでした。。。

このバラクーダはブラックフィンバラクーダと呼ばれる種類で
大きさは0.5-1.5mくらい。
この大きさの魚が群れているので、
なかなかの大迫力です!!





群れ全体を写真におさめてみましたが、
いい感じに綺麗に渦巻いてます!
トルネーード!
(太陽が出てたらもうちょい綺麗に写ったかな。。。)


せっかくなので、
群れに近づいてみました!





この密度がたまりません。。。

普段人ごみや通勤の満員電車にはうんざりですが、
バラクーダの群れに突っ込むと、興奮で心がはじけちゃいます!!


ついでに、群れの下から撮ってみました。





少し写真が青かぶりしているので青みがかったメタル色ですが、
このメタリックな色がたまりません。。。

こうやって写真を撮るのも好きなのですが、
やっぱりバラクーダは群れに突っ込んでなんぼです!
バラクーダたちが自分を避けるように動いてくれ、
気づいたら周りをバラクーダに囲まれている。
少し怖さも感じますが、このドキドキ感が個人的には大好きです。


ということで、この一本はブラックフィンバラクーダのみで終わってしまいましたが、
このポイントの魅力はバラクーダのみではありません。
これについては、また次回以降ご紹介いたしますので、
乞うご期待ということで!