前回のトカキン曽根では、バラクーダの群れに遭遇した一本でした
(前回記事:西表島トカキン曽根でバラクーダトルネードに巻かれる

その日の午後にもう一度トカキン曽根に潜ったのですが、
この一本では、群れ群れに遭遇することはなかったのですが、
ふと、砂地のほうを見てみると、
不思議な種類のサメ?エイ?に遭遇しました。


そいつがこちら。






水深33mの砂地にコバンザメを二匹引き連れて鎮座していました。

その名も『シノノメサカタザメ』。
漢字では東雲坂田鮫、と書きます。

サメと名乗っていますが、エイに分類されています。

大きさは2mくらいでしょうか。
写真をよく見てみるとわかりますが、
頭には棘が並んでおり、体には白い斑点があるのが特徴です。


正直未知のサメ?エイ?だったので、
近づいたら襲ってこないか不安でしたが(笑)


シノノメサカタザメを上からとらえた写真がこちら。



上から見ると上半身はエイ、下半身はサメ。
とても奇妙な怪魚です。


シノノメサカタザメのフカヒレは高値で取引されているそうで、
インドでは食用の肉として食べられるそうです。
サメとかエイっていったいどんな味なんでしょうね?
よくサメはとれたてでないとまずくなるという話を聞いたことはあるのですが。。。

ちなみに、このシノノメサカタザメは
海遊館や新江ノ島水族館や美ら海水族館などの水族館で
飼育されているそうですので、
水中では、なかなか会えませんが、水族館でぜひ見てみてください!

とまあ、シノノメサカタザメが
この一本のほぼ全てを持って行ってしまったのですが、
それだけだとつまらないので、おまけに。

ハナゴイです。





ハナダイは右へ左へ上へ下へ動き回るので
なかなか思ったような写真は撮れないのですが、
個人的にはハナダイは鮮やかで大好きです!