西表島の西側に干立(星立)という小さな集落があります。
ちょうど港のある上原の集落から車で10~15分くらいの場所です。

こちらの集落と隣の祖内の集落は、
西表島の中でも比較的古くから栄えていた集落のため、
沖縄らしい石塀に囲まれた赤レンガの屋根の家が立ち並ならんでいます。
(道が狭く車の運転には一苦労してしまいます)

ちょうど私が訪れた時期はGWということもあり、
こいのぼりとハイビスカスというなかなか珍しいコラボに出会うことができました。




そんな星立の 集落は目の前に星立の浜と呼ばれるビーチが広がっており、
ここから眺める夕日が最高です!

星立の浜には、blue moon cafeというcafeのようなものがあります
ビーチの近くにあるホテル シーサイドホテルブルームーンの方が
運営(?)しているようです。




blue moon cafeの前でオリオンビール片手に
日没を待ちます。



徐々に日が暮れてきました。





今日も一日が終わり。

毎日こんなビーチでビール片手に夕日を眺められたら、
どんだけ幸せなんだろう。

でも、こんな贅沢は毎日だと飽きちゃうから、
旅行でたまにぐらいがちょうどいいのかな?




海のほうを眺めてみるとSUPをしている人がいました。
SUPとは、スタンドアップパドルボートの略で
サーフボードの上に立ったまま乗り、オールで漕いで水上を進むというものです。
浮力のあるボードに乗るため、転倒するようなことはあまりなく、
波が穏やかなときはカヌー感覚で水上をこぎ進むことができるそうです。
今度来たときは挑戦してみたいなー!



そんな星立の集落ですが、
集落の中に宿泊可能なホテルと民宿が各1件ずつあります。

ホテルのほうは、『シーサイドホテルロイヤルブルームーン』

民宿のほうは、『海の家 南ぬ風 』

どちらの 宿泊施設は目の前がビーチとなっており、
夕方や夜にちょっくらビーチを散歩したり、
浜辺でのんびりビールを飲んだりするのには最高のロケーションです! 
(ただし居酒屋などはほとんどないので飲み歩きたい人には不向きかもしれません)