宮古島の東部に位置する新城海岸でシュノーケリングをしてきました。
新城海岸は宮古島最東端の東平安名崎の北西に位置しており、
宮古空港から車で20分、平良市内から車で30分ほどの場所にあります。

宮古島およびその周辺の島々にはシュノーケリングに適したビーチが何か所かありますが、
その中でも宮古島の南東部に位置する新城海岸は
ビーチの近くに場所にサンゴが群生しており、
ビーチから気軽にサンゴや熱帯魚を見ることができるため、
家族連れやカップルなどで大変賑わっています。

また、シュノーケリング上級者の方は流れが少しありますが、
リーフエッジまで行くと竜宮城のような美しいサンゴ礁が広がっており、
ウミガメも優雅に泳いでいるそうです。
(リーフエッジでは急に深くなるそうですのでご注意を)

また、新城海岸は北東側の海に面しているため、
南風が強い夏の時期はちょうど島が風除けになり波が非常に穏やかです。
逆に北風の強い冬の時期は海が荒れやすいそうです。

シュノーケリングおすすめの時間帯

新城海岸は遠浅になっており、
沖合数100mまではサンゴ礁が広がるリーフになっています。

干潮の時間は浅場ではリーフ内であっても
水深が1m以下と水深が浅くなってしまうため、
シュノーケリング中にサンゴが体にあたり、サンゴを傷つけたり、
自分の体がサンゴにあたり怪我をしてしまう可能性があるので、
満潮前後の時間にシュノーケリングをすることをお勧めします。

 

新城海岸へシュノーケリングへ


私がシュノーケリングをした日は台風一過で南風が強く吹いていましたが、
幸い新城海岸の波は穏やかでしたにでシュノーケリングは可能でした。
ただし南から北に流れがあったので海岸の南側からエントリーして、
海岸の北側まで流すような形のドリフトシュノーケリングをしてきました。
 

カクレクマノミ

体に三本の白線が入ったクマノミの仲間カクレクマノミ。
いわゆるニモです。
カクレクマノミもビーチの近くのイソギンチャクの近く住んでいました。




 

ソラスズメダイ

新城海岸で最も目立つ魚はコバルトブルーの美しいルリスズメダイや
鮮やかな青緑色をしたソラスズメダイがサンゴの近くを群れをなして泳いでる姿です。




ゴマモンガラ

新城海岸でシュノーケリングをする際に最も気を付けないといけないのは、
海のギャング ゴマモンガラです。
気性が荒くなっているゴマモンガラを見つけたら逃げましょう。
強力な顎で噛みつかれたら大怪我してしまいますので。。。





サラサハゼ

新城海岸にいる魚は色鮮やかな熱帯魚たちだけではありません。
砂地をよくよく観察してみるとハゼが生息しています。
なかにはこんな鮮やかなサラサハゼも新城海岸には生息しています。


 
ハゼの巣穴には巣穴を掘るテッポウエビが共生しています。
ハゼの巣穴を見つけたら一生懸命穴掘りをするエビの姿を観察しても楽しいですよ! 


新城海岸の設備

新城海岸には駐車場・シャワー・トイレ・更衣室などの施設もあり、
これらを無料で利用することができます。
また、ビーチ沿いにはシュノーケリンググッズをレンタルするお店もあるため、
マスク・シュノーケル・フィンの三点セットなどなどのシュノーケリンググッズを持参しなくても、
その場でレンタルしてシュノーケリングを楽しむことができます。
もちろんビーチでは宮古そばやかき氷などの簡単な食事をとることができます。
宮古島新城海岸 ぱーらーみよし屋


 
by カエレバ




宮古島で手軽に美しい海を満喫したい方!
新城海岸がおすすめです!
夏場に宮古島へ訪れる方はぜひ新城海岸でシュノーケリングに挑戦してみてください!