2014年4月に一眼レフカメラとしてCANONのKiss X7iを購入して3年が経過しました。
3年も経過してくると、少しずつではあるものの、
カメラの知識がついてきて、いわゆるレンズ沼にはまりかけています。

私のこれまでのレンズ遍歴としては、
1. キットレンズ
Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

2. 広角ズームレンズ
SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM

3. 便利ズームレンズ
TAMRON 高倍率ズームレンズ 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO

ということで、いろいろな画角のズームレンズを駆使して、
様々な画角の写真撮影を楽しんできました。

しかし、やはりズームレンズで撮影した写真をパソコンなどで拡大してみると、
被写体の輪郭がくっきりしていなかったり、
少し画質が荒いと感じたりと
写真の細かい出来の部分で不満点もでてきます。

ということで、さらなる画質を求めて欲しくなってくるレンズ。
それは、単焦点レンズ! 
そんな単焦点レンズの中でも、
個人的に特にほしいと思っているおすすめレンズを今回は紹介します。

題して、個人的おすすめ三大単焦点レンズです!
 

Sigma 30mm F1.4 DC HSM [キヤノン用]

APS-Cの30mmの画角はズーム倍率としては標準に近い広角といった感じで
人の視野に近い画角となり街歩きや旅行などで風景や建物を写真に収めると
ちょうどいい感じに一枚の写真に収めることができます。
そして、このレンズはシグマ製ということで、
コントラストの高いシャープな絵作りができる単焦点レンズ。
開放絞りもF1.4ということで、
広角の画角であってもボケがでる写真を撮影できたり、
暗い場所でもISO感度を上げず写真撮影ができたりと魅力満載です。
by カエレバ


このレンズが少し高い!もしくは、少し重そう!と感じる方は、
「Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM」も
画角的にはこれレンズに近く、
何よりも安くて軽くて小さくて持ち運びやすいのでお勧めです!
(個人的には、Sigmaのシャープな絵作りが好きなのと、
 開放F値1.4というとがった設計が大好きなので、
 Sigma 30mm F1.4のレンズを推していますが)
by カエレバ



CANON EF50mm F1.8 STM

CANONの撒き餌レンズです。
値段が安く大変お手頃な価格で手に入るうえに、
重さも軽く、大きさも小さくと、持ち運びに大変便利です。
CANONの一眼レフカメラを持っている人は、
マストバイのレンズかと思います。

少し注意しておかないといけないのは、画角です。
35mmのフルサイズ換算で50mmですので、
センサーサイズがAPS-Cの一眼レフカメラにこのレンズを装着すると、
画角は75mmということでほぼ中望遠に近い画角となります。
ということで、風景全体の景色を収める目的で本レンズを購入しても、
残念ながら満足できない結果となってしまうかもしれません。
このレンズの用途としては、人や動物などの一部分を写したり、
室内で物や料理などを撮影したりするのにむいていると個人的に思っています。
(フルサイズの一眼レフに装着するとちょうど標準の画角になるので、
 旅行やちょっとした街歩きにぴったりな画角な気がします)

まあ、価格が安いので、手元に一本このレンズを持っておけば、
使えるシチュエーションは必ずあるはず(?)です!

by カエレバ




Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM

最後は単焦点レンズではありますが、マクロレンズです。
レンズの先端の赤いライン。
いわゆるLレンズというやつです。
上の二つで紹介したレンズは5万円以下のレンズですが、
このレンズは10万円近くのお値段が必要なレンズ。
(10万円越えが当たり前のLレンズの中では、これでも安いほうです)

画角としてはフルサイズで100mmということなので、
APS-C機に換算すると150mm。
望遠領域となります。

このレンズは当然ながらマクロに特化したレンズですので、
花やものの一部分を大きく切り取った写真を撮影に向いています。

マクロ撮影、しかもかなり望遠側の画角での撮影になるので
撮影時に手ぶれなどが起こりやすいのが常ですが、
しっかりとレンズ内蔵の手ぶれ補正(IS)が効くので、
三脚がなくてもある程度しっかりマクロ撮影ができるみたい。
また、 マクロレンズということでマニュアルフォーカス(MF)で
フォーカスを調節するのが常ですが、
CANONの純正のレンズということもあって
オートフォーカス(AF)も効いてくれる。

そして、吐き出される写真の画質も秀逸と評判。
超個人的な夢を述べさせてもらうと、
このレンズを装着した一眼レフをハウジングの中に入れて
水中でウミウシや小さな幼魚の写真を撮るのが夢です。
 
by カエレバ


ということで、個人的な妄想も少し入っていましたが、
私が個人的にお勧めするCANONのAPS機向けの単焦点レンズの紹介は以上です。


ここからは単焦点レンズの購入に関する個人的な見解ですが、
単焦点レンズの購入については、
「自分がどのような被写体をよく撮影するのか?」
「自分はどの画角での撮影が好きなのか?」
などなど、ある程度自分の趣向が分かった段階で購入しても遅くないかと思います。
いきなり単焦点レンズを購入して画角の感覚に慣れることを勧めている人もいますが、
個人的にはいろいろな画角で写真を撮影していき、
自分の好きな画角がおのずとわかってきたときに、
これだと思ったもの買うべきだと思います。
ということで、皆さんもたくさんカメラで写真を撮影して好きな画角を見つけくださいね!
(ちなみに、私は広角での撮影が1番好きですが、マクロっぽい写真の撮影も大好きです)