カテゴリ:カメラについて

(最終更新2017/7/4更新)水中写真用カメラとしてダイバー御用達のカメラのメーカーといえば、OlympusとCANON。一緒に潜っているダイバーさんのカメラを見ていると、だいたいこの2つのメーカーのカメラを使用して水中写真を撮影する人が多いです。今回はその二大巨頭の一つであ ...

(2017/7/2 一部更新) ダイビング中の水中写真撮影は、 水深20m以上相当の水圧がかかる水中環境で写真を撮影する必要があるため、 水圧がかかっている環境でもカメラの内部に水が入らないようにするため、 デジカメをハウジングと呼ばれる防水ケースに収納する必要 ...

2014年4月に一眼レフカメラとしてCANONのKiss X7iを購入して3年が経過しました。3年も経過してくると、少しずつではあるものの、カメラの知識がついてきて、いわゆるレンズ沼にはまりかけています。 私のこれまでのレンズ遍歴としては、1. キットレンズ「Canon 標準ズームレ ...

ダイビング中にウミウシや小さなカニ・エビなどの生物を発見した時、もっとアップで写真を撮りたいと感じることはないでしょうか。 逆に、魚の群れや辺り一面に広がるサンゴ礁に出くわした時、 群れやサンゴ礁全体を一枚の写真に収めるためにもう少し広角側の画角が欲しいと ...

2月になってCANONから続々と一眼レフカメラの新機種の発表がありますね。どの機種も購買欲をそそるラインナップで財布に余裕があれば今すぐにでも欲しくなってしまいます。そんな物欲に溺れてしまいそうになってしまったとある2月の休日。一体カメラメーカーはどんな頻度で新 ...

旅行などに「一眼レフをもっていこう!」となると、いろんな画角のレンズを持っていきたくなります。現在私が所有しているレンズは以下の2本です。  ・CANON EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM ・SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM1本は、カメラを購入した時に付属していた標準ズ ...

一眼レフカメラのレンズに入ってくる光を制限するためにレンズの先端に用途に合ったフィルタをつけるとより美しい写真を撮影する事ができるということで、今回、偏光フィルタ(PLフィルタ)というフィルタの購入を検討してみました。 偏光フィルタ(PLフィルタ)とは偏光フィル ...

現在、陸上で写真を撮影するときの一眼レフカメラとして、CANON のEOS Kiss X7i(センサーサイズはAPS-C)を使っていますが、 所有レンズはキットレンズとして付属していた18-135mmの標準レンズのみです。 18mmでも十分広角で広大な風景を写すことができるのですが、 ...

新しく水中用にカメラを買おうかと思い、いろいろと調べてみました。○関連日記新しい水中用デジカメの購入水中用カメラの購入 Olympusのミラーレス一眼予算 水中用カメラの購入 コンデジの予算水中用カメラの購入 性能面(AF)について水中用カメラの購入 レンズと撮影素 ...

前回まではコンデジのレンズなどなど見てきました。前回記事 水中用カメラの購入⑤ レンズと撮影素子について今回はOlympusのミラーレスのレンズについて見てみます。いろいろとネットで調べていたのですが、PenLite純正ハウジングに装着できるレンズが限られているそうで ...

水中は暗いのでできるだけ明るいレンズを使うか、もしくは高感度でノイズの少ない機種で撮影できるのがいいですよね。 ミラーレスを使うと、レンズをいろいろと交換できるので、そのあたりの自由度はある程度はありそうですが、コンデジだとレンズ交換ができないので、レン ...

高速で動き回る魚をきれいに撮りたい!一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮りたい!というのは、水中で撮影しているとよく感じますよね。そういう場合には、やはりAFの速さ・正確さとかシャッターを押してから写真が撮れるまでの 時間(レリーズタイムラグ)が重要かなと個人 ...

今まで使っていたダイビングの水中での撮影用に使用していたCANONのコンパクトデジタルカメラPowerShot S110前回のダイビング後、シャッターを押してみるとフラッシュが光らなくなっていました。基本的に光が届きにく暗い水中では フラッシュが光らないのとは致命的。おまけ ...

↑このページのトップヘ