カテゴリ:八重山・宮古

GW連休で八重山の離島巡りと八重山ダイビング旅行ということで波照間島と黒島を訪れてきました。今回紹介する黒島には旅の最終日に日帰りで訪れました。八重山の離島の中でも竹富島や小浜島は観光客で賑わっていますが、 黒島は竹富島や小浜島ほど観光地化されておらず のん ...

GW連休で八重山の離島巡りと八重山ダイビング旅行ということで波照間島と黒島を訪れてきました。今回紹介する波照間島には旅の初日と2日目に1泊2日で訪れました。波照間島は有人島の中で日本最南端の島。民間人が訪れることができる日本最南端の地です。そんな波照間島につい ...

宮古島のソウルフードといえば宮古そば。 宮古そばは宮古島発祥の沖縄そばで、 細く縮れていない麺を使用したあっさりスープの沖縄そばなのだとか。 (近年は沖縄本島の沖縄そばのお店も宮古そば風のお店が多いのだとか) 宮古島島内の多くのお店では、宮古そばを楽しむこと ...

宮古島の東部に位置する新城海岸でシュノーケリングをしてきました。 新城海岸は宮古島最東端の東平安名崎の北西に位置しており、宮古空港から車で20分、平良市内から車で30分ほどの場所にあります。宮古島およびその周辺の島々にはシュノーケリングに適したビーチが何か所 ...

宮古島の北東の沖合4kmの位置にある大神島に行ってきました。 一周2.75kmほどの非常に小さな島です。 島には約50名ほどの人が住んでいるそうです。 大神島はその名のごとく、神の島と呼ばれています。 島内には島民以外の立ち入りが許されない神聖な場所がたくさんあ ...

今回は宮古島のお土産について紹介したいと思います。まずは、定番どころを中心に。(気が向いたら定番以外のお土産も追記していこうかと思います)  雪塩宮古島で塩といえば雪塩。 池間大橋や西平安名崎の近くにある雪塩製塩所で作られた塩。 ...

冬の海はウミウシの季節!冬でも暖かい宮古島の海も、ウミウシたちでにぎわっています。今回は、この冬、宮古島の海で出会ったウミウシの一部を紹介したいと思います。まずは、ミノウミウシの仲間から紹介します。ルージュミノウミウシミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウ ...

年末に宮古島にダイビング旅行に行った時の話。ダイビングのインストラクターさんと話していた時に、伊良部大橋もできたので伊良部島にドライブに行くという話をしていると、伊良部島にお勧めのおいしい沖縄そば(伊良部そば)のお店があると紹介してもらいました。そのお店 ...

宮古島はサンゴ礁(石灰質)でできた島ですので、海底はカルスト地形の鍾乳洞さながらの珍しい洞窟のようなダイビングポイントが多くあり日本の洞窟ダイビング(ケーブダイビング)のメッカのような場所です。海中の洞窟を、水中ライト片手に冒険。そんな少年の心をくすぐる ...

宮古島には、本州や沖縄の他の島ではなかなか体験できない珍しい洞窟チックなダイビングポイントが多くあり日本の洞窟ダイビング(ケーブダイビング)のメッカのような場所です。(厳密には、伊良部島や下地島の西側周辺にあるダイビングポイントですが)海中の洞窟を、水中 ...

宮古島の中心部平良地区から車で20分ほど南に走らせた下地という地区に、与那覇前浜ビーチというビーチがあります。前浜と書いて『まいはま』という読み方をします。『まいはま』というと千葉のどこかのネズミの国の舞浜と勘違いしてしまいそうですね。与那覇前浜ビーチそれ ...

伊良部島の隣にある下地島の西部に通り池といわれる池があります。 通り池は、池底の部分に横穴があり、横穴が海につながっています。通り池は、その独特な地形と生態系から、国の名勝および天然記念物に指定されているそうです。 通り池は陸上から池を見下ろす ...

宮古島と伊良部島をつなぐ伊良部大橋が開通したということで、伊良部島へのアクセスが楽チンになりました。そんな伊良部島ですが隣接する下地島も含めると周囲に美しいビーチがたくさん存在します。今回は伊良部島・下地島の絶景ビーチについて紹介します。 渡口の浜伊良 ...

年末に宮古島旅行に行ってきました。 日程は12月25日から31日の大晦日までの5泊6日。 初日と最終日は移動日でしたので、 宮古島でのんびりできたのは実質4日間(うち3日間ダイビング) です。 前回宮古島を訪問したのは2014年の夏でした。 その時は、宮古島のお隣の伊良部島へ ...

西表島の西側に干立(星立)という小さな集落があります。ちょうど港のある上原の集落から車で10~15分くらいの場所です。こちらの集落と隣の祖内の集落は、西表島の中でも比較的古くから栄えていた集落のため、沖縄らしい石塀に囲まれた赤レンガの屋根の家が立ち並ならんで ...

↑このページのトップヘ