ドイツといえばお土産として何が浮かぶでしょうか?

「なーんかドイツのお土産って、ぴーーんっとこないし、
 ポストカードやキーホルダーやマグネットみたいな定番で済ましちゃえ!」

なーんて、思っちゃいないでしょうか?

そんなの、もったいないです!
 
ということで、今回は、お勧めのドイツ旅行のお土産(というか購入したもの)を、
紹介したいと思います。 

テディベア

テディベアは実はドイツがルーツなのです!
1880年にテディベアを世界で初めて作ったシュタイフ(Steiff)という老舗ブランドを初め
1907年に設立されたテディベアの老舗ブランドのハーマン(Hermann)などなど、
テディベアの老舗ブランドがドイツには多数あります。

テディベアは、日本でもネットやお店で購入できますが、
やはり品揃えは本場が一番ですので、
本場でお土産としてテディベアを購入してみることをお勧めします。
_MG_5989
私は、シュタイフ(Steiff)のテディベアを色違いで2体も買っちゃいました。
家で仲良く並んでいます。
購入はロマンチック街道の町 ローテンブルクにあるテディランド(Teddy Land)というお店で購入しました。
【ローテンブルク】中世ドイツの町並がそのまま残るおとぎ話の舞台ような町(ドイツ旅行記2015⑦)

シュタイフ Steiff フィニー スーツケーステディベア ベージュ (FYNN Teddy bear in suitcase) 111471 「並行輸入商品」

新品価格
¥4,890から
(2017/3/5 22:15時点)


エルツ山地の木工細工(木彫りの人形)

クリスマスマーケットなどでクリスマスグッズとして購入することができる
エルツ山地の伝統工芸である木彫りの人形も、お土産としてお勧めです。
お部屋に飾る雑貨として購入してみてはいかがでしょうか。
私はパイプ人形とくるみ割り人形を1体ずつ購入しました。

パイプ人形

人形の体が上下でに分割できる構造になっており、
体の下部に火をつけたお香を入れると、
木彫りの人形の口から煙が出てくる構造となっています。
お値段は4000円くらいでした。
_MG_5995
クリスマスツリーと雪だるまを持っているかわいらしい人形を選びました。

他にもサンタクロースを型だったものなどいろいろな種類の人形があります。
自分の好みの人形を探して購入してみてはいかがでしょうか。

ミニパイプ人形香炉 ぶどう狩り

新品価格
¥3,500から
(2017/3/5 22:17時点)


くるみ割り人形

くるみ割り人形といっても、ミニチュアのくるみ割り人形ですので、
クルミを割れるほどの大きさはない。
お値段は1000円程度でした。
お部屋に飾っておく分にはちょうど良いサイズです。

_MG_5998

これらのお土産はローテンブルクにあるクリスマスグッズを扱うお店である、
ケーテ ウォルファルト クリスマスビレッジで購入しました。

[ピィアース] PIEARTH ジュエリーボックス くるみ割り人形 EX529-1

新品価格
¥3,260から
(2017/3/5 22:19時点)


リューデスハイムにも似たようなクリスマスグッズを扱うお店があったので、
リューデスハイムでクリスマスグッズを購入するのもありかと思います。 

ハリボ(HARIBO)のグミ

ドイツの有名なお菓子といえばハリボのグミです!
日本でもハリボのグミは売っていますが、
ドイツでは日本ではなかなか手に入らないそうな種類のハリボを
スーパーで激安で購入することができます。

職場などでのバラマキ用のお土産にぴったりです!

_MG_5993

ドイツのスーパーのお菓子売り場には、いろいろな種類のハリボのグミが売られています。
ドイツを訪れた際は、ぜひぜひスーパーに寄って、ハリボを購入しましょう!
バケツにハリボが1kg入ったものもスーパーで購入することもできます。

HARIBO ハリボー ミニゴールドベア バケツ 980g (100袋入り)

新品価格
¥1,830から
(2015/10/25 21:37時点)


ワイン

ワインといえばフランスやイタリアのイメージがありますが、
ドイツのライン川やマイン川の流域はブドウ栽培が盛んに行われており、
ワインの一大産地となっています。
ドイツのライン川やマイン川流域で造られるワインは、

_MG_6003

いろいろな種類のワインが売られていますので、
お店で試飲してみて、好みのワインを探してみましょう!

ビール

ドイツといえばビール!
ドイツ各地に大小様々なビールの醸造所があるため、
訪れる街によって売られているビールの種類が大きく変わります。
有名どころのビールメーカーのビールはドイツ全土で売られており、
日本でも値は張りますが手に入れることができますので、
ドイツの地方でしかお小さな醸造所で作られる、日本では手に入らないようなビールを
お土産として買って帰ることを強くお勧めします!

_MG_6009

私はFels Gold・Ayinger・Koblenzerというメーカーのビールを購入しました。
日本ではメジャーではない醸造所のものなので、飲むのが楽しみです!

また、ビールのみでなく、ビールのグラスを合わせて買うのもいいですね!
オクトーバーフェスト用の1Lジョッキも売っていました。
1Lのジョッキはかなりインパクトがあります。
話題性抜群ですよ!
(飛行機で運ぶ際に割ってしまわないように、梱包方法には十分注意しましょう)
【ミュンヘン】 本場ミュンヘンのオクトーバーフェスト!(ドイツ旅行記2015⑥)

海外でお酒をお土産として購入する際の注意点

アルコール類をお土産として購入される方は、
免税範囲に気をつけてください!
760mLの酒類3本までなら免税となりますが、
4本以上購入した場合は日本で帰国したときに税関で申告し、
税金を支払わなければなりません。

ハムやソーセージ(ウインナー)などの肉類はNG

また、ハムやソーセージ(ウインナー)などの肉類については、
検査証明書がないものは日本に持ち込むことができません。
検査証明書は個人で簡単に手に入れられるものではないので、
ハムやソーセージをお土産として購入するのは、いさぎよく諦めましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック