3番札所の金泉寺まで参拝しました。
この春分の日連休の四国八十八ヶ所徳島阿波の国の遍路旅も残すところ2霊場です。
ということで、次なる札所2番札所の極楽寺をご参拝します。
2番札所の極楽寺は3番札所の金泉寺から車で西に数分の場所にあります。
極楽寺は行基が開基されたお寺だそうです。
こちらのお寺で弘法大師は37日間阿弥陀経を読桶され、修行をされていたそうです。
その結願の日に弘法大師の前に阿弥陀如来が出現し、その姿に心動かされた弘法大師が阿弥陀如来像を彫っり安置したそうです。この阿弥陀如来像は大変美しいお姿だったため、鳴門の海まで照らしてしまい、地元の漁師の量の邪魔になってしまったので、本堂の前に人工の山を築き光を遮ったそうです。(そのため、日照山と言われるようになりました)

仁王門(山門)

駐車場に車を止めて、まずは仁王門をくぐります。
朱塗りの大きな仁王門です。




仁王門をくぐり右手のほうに進みます。

本堂と長命杉

仁王門をくぐり右手のほうに進むと雲海の浄土と呼ばれる日本庭園があります。
日本庭園の周辺には子授招福大師や 水子地蔵などがあり、
さらに進んでいくと鐘楼や大きな杉が見えてきます。

この大きな杉の木は長命杉と呼ばれており、
空海が自らの手で植えたといわれている樹齢1200年の杉の木です。
高さは31mで幹の太さは6mということでかなりの巨木です。
この巨木に触れたら家内安全・病苦平癒・長寿を授かるといわれています。

 


この長命杉にある階段を上った場所に本堂があります。
木々におおわれて厳かな感じがしますね。




大師堂と安産大師


本堂の右手に大師堂があります。
 



大師堂の脇には安産祈願の弘法大師像である
安産大師が祀られたお堂があります。
かつて弘法大師が流産ばかりする女性に祈祷したところ、即座に子宝に恵まれたという逸話が残っているそうです。





ご詠歌:極楽の 弥陀の浄土へ 生きたくば 南無阿弥陀仏 口ぐせにせよ


最後にもと来た道を戻り、納経所で御朱印をいただき無事参拝終了です。
次は1番札所の霊山寺です。
2番札所の極楽寺から一番札所の霊山寺までは1.4kmなので、
車でほんの数分で到着します。
四国八十八ヶ所1番札所 八十八ヶ所巡礼発願のお寺 霊山寺

-------------------------------------------------------------------------------------
第2番札所 日照山 無量寿院 極楽寺 にっしょうざん むりょうじゅいん ごくらくじ
宗派: 高野山真言宗
本尊: 阿弥陀如来(伝弘法大師)
開基: 行基菩薩
創建: 奈良時代(710〜793)
真言: おん あみりた ていせい からうん
住所: 〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町檜字段の上12
電話: 088-689-1112
駐車場: 普通40台・大型10台・無料
宿坊: あり(150人)