1本目に引き続き2本目もホ―シューのポイントを潜ります。
(1本目:

1本目はエントリーした場所と同じ場所でエグジットする形でしたが、
2本目はエントリーした場所から北のほうに進んでいき、北側の別の場所でエグジットします。
この北側のエリアはホ―シュー北と呼ばれています。
運が良ければ、ホ―シュー北ではトガリエビスザメと呼ばれるサメが
中層を泳いでいる可能性があるとのこと。
ということで、本命はこのサメを狙って潜ります。
 

バオバブカイカムリ

まずは、1本目のエグジットの時に発見したバオバブカイカムリの撮影会。
バオバブカイカムリは、カイカムリと呼ばれるカニの仲間で
大きなウミアザミを背中に背負っています。
バオバブの木を背負っているような感じがしませんか?






シマキンチャクフグとノコギリハギ

顔が黒いシマキンチャクフグ(左)がもいてました。
右にはシマキンチャクフグに擬態したノコギリハギが泳いでいます。
どちらも定番ですが、顔が黒いシマキンチャクフグは少し珍しいかな?
ノコギリハギは、毒をもっているシマキンチャクフグに擬態して身を守っています。
ノコギリハギ自体は毒を持っていません。
ずる賢いですね。。。


シマキンチャクフグとノコギリハギの簡単な見分け方はヒレの部分です。
シマキンチャクフグは背びれとしりびれが小さいのに対して(フグは一般的にヒレが小さい)、
ノコギリハギは背びれが体の中央部まで伸びているのが特徴です。
 

ヘコアユ

ヘコアユの群れです。
頭を下にして泳ぐのが特徴です。
海藻に擬態しているのでしょうか。
ちなみに敵に狙われた際には水平移動するそうです。
水平移動しているところも見てみたいですが、
おそらく普通の地味な魚って感じなのでしょう。



ネッタイミノカサゴ

トガリエビスザメを待っている間に撮影していました。
ネッタイミノカサゴです。
どこでもいる普通種ですが、
ストロボ光が当たるといい感じに赤が出ますね!
ミノカサゴの仲間は写真映えするので、ついつい撮影してしまします。。。






アマミスズメダイ(yg)

アマミスズメダイの幼魚は本州でも沖縄でもよくいますね。
どこでもよくいるスズメダイですが、ほぼ正面からのショット。
スズメダイ系は動き回るので、なかなか思ったようには撮影させてくれません。


アマミスズメダイの幼魚は正面からじっくり見てみると、
目から口にかけて青いラインが入っているのがきれいですね。
成魚になるとかなり地味地味の黒い体に白い尾びれになってしまいますが。

ムチカラマツエビ

ムチカラマツという海藻?サンゴ?によく生息しているのがムチカラマツエビです。
ムチカラマツの左側にムチカラマツエビがいます。
このムチカラマツエビはその名のごとくムチカラマツに擬態しています。

そして、撮影しているときには気づきませんでしたが、
ムチカラマツの右側にも半透明のエビがいますね。
このエビはいったい何者なんでしょう。。。 


残念ながら今回はトガリエビスザメには遭遇できませんでしたが
いつかはあってみたいものです。。。
そのためにも沖縄に通わなければ、ということですね。。。 


2日目1本目に続く