11月の初めごろ、一泊二日の弾丸の日程で函館に行ってきました。
函館到着後すぐに函館市内を観光し、ホテルラビスタ函館ベイに宿泊しました。

前の記事では函館市内の観光地についてザックリ紹介したので、
本記事では、今回の旅行で宿泊したホテルラビスタ函館ベイについて紹介したいと思います。
(函館市内の観光地:1泊2日の弾丸で北海道函館の観光地を巡ってみた



日本一の朝ご飯!?ラビスタ函館ベイの海鮮バイキング!

ホテルラビスタ函館ベイで最も有名なのは朝食です!
その朝食会場はホテルラビスタ函館ベイの二階にある「北の番屋」
ここは日本一の朝食を食べられるホテルとして
その名声を全国にとどろかせています。

何がすごいかというと。。。

いくらに、いかに、うにに、甘えびに、まぐろに、たらこに。 




いろいろな刺身が盛り放題です。
盛った結果がこちら。





すごいわかりにくい、 というか、写真からはわからないですが、
ごはんの厚さと海鮮の厚さが同じです! 
朝から贅沢です。
北海道2回目の私にはびっくり。。。

海鮮丼以外にも網焼きもあります。
地元名産のイカやホッケにかぼちゃにサーモンハラス。 
地元名産のバターをつけて食べるじゃがバターも絶品です。



他にも函館名産のイカ飯だったり、北海道といえばのジンギスカンだったりと、
北海道ならではの食材が盛りだくさんです!

結局、腹十二分目の満腹になるまで、朝食をいただきました!
満腹すぎて晩御飯まで何も食べることができなかったのはここだけの秘密です。


ということで、大満足の朝食でしたが、


和モダンなデラックスツインでのんびり!

今回は普通のツインルームではなく
ワンランク上のデラックスツインに宿泊することにしました。

エレベーターから降りてお部屋に向かいます。
照明の雰囲気がモダンな感じがしますね。




和モダンな通路を歩き抜け、いざ部屋に突撃です!
部屋のドアノブを回し、いざ部屋の中へ!

お部屋の中はこんな感じでした。




インターネットで予約した時はベッドなのかなと思っていたのですが、
どちらかというと床にマットレスを敷き、その上に敷布団といった感じでした。
和のようなテイストの中に洋風テイストが入っている和モダンな雰囲気です。

ソファの横の照明も和モダンな雰囲気を醸し出しています。
窓の外には赤レンガ倉庫群と函館山を見渡すことができます。
ソファでのんびりくつろぎながら函館の夜景を眺めるのもいいですね。 




水回りもお部屋と同じような和モダンテイストの雰囲気です。




ということで、ホテルラビスタ函館ベイは
朝食ももちろん素晴らしいのですが、
部屋の雰囲気も文明開化を感じる和モダンな雰囲気が
漂っていてなかなかGOODです!


最上階の温泉「海峡の湯」

ホテルの最上階には 源泉かけ流しの温泉「海峡の湯」があります。
お風呂セットは、なんと手提げ袋に一式入ってます!
このサービス超便利ですね。
いつも地方都市のビジネスホテルにしか泊まらないのでびっくりです。。。




また、露天風呂もあり、函館山や函館の街を眺めながらお湯につかることができます。
露天風呂には、みんながつかることができる岩風呂のほかに、
少人数もしくは一人分の小さな湯船で
お湯を楽しむことができる陶器風呂、樽風呂、檜風呂があります。

サウナについてはドライサウナもミストサウナ もあります。

私は晩御飯を食べた後に夜11時(23時)ごろに入浴したのですが、
土曜日でしたが、特に混雑することなく、ゆっくりお湯につかることができました。 

お風呂から出てすぐの場所にある待合室。
ここにはひそかにアイスキャンディーが置かれており、
宿泊者は無料で食べることができます。
待合室ではお風呂から出るのをまちながら、
のんびりと函館山の夜景を見ながらアイスを食べることができます! 


函館に行ってみた際にはぜひ泊まってみてくださいね!