11月半ばの勤労感謝の日の三連休の初日。
今日は天気が良かったので、
京都までちょっくら紅葉の写真を撮影してきました。

 昨年も京都に紅葉を見に行きましたが、
昨年は仁和寺龍安寺金閣寺などのきぬかけの道と呼ばれるエリアと
永観堂の夜間拝観に行ってきました。
今年は、嵐山や嵯峨野周辺を中心にフラフラしてきました。
今回訪れることができたのは、
宝厳院・弘源寺(天龍寺)、大覚寺、清凉寺、化野念仏寺、常寂光寺です。

地面に落葉したモミジの葉
(宝厳院にて撮影)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
ということ、さっそく、大阪方面から阪急嵐山駅に向かいます。
三連休の初日ということもあり、
電車も満員で遅れてしまうくらい、ものすごい人出でした。

本当は天龍寺の参拝開始時間8:30に合わせて嵐山に降り立つ予定でしたが、
前日飲んだくれてしまったのでギブアップしてしまい。
嵐山に到着したのは、結局朝の10時。

ということで、まずは、天龍寺に向かいます。
入口に到着すると、そこには大行列。
参拝する気が失せてしまいました。

私、行列に並ぶのが大の苦手なので、天龍寺の参拝は諦めます。
少し、人が少なそうな場所ということで、
天龍寺の近く、というか境内の中にある、宝厳院に向かうことにしました。

宝厳院(ほうごんいん)

宝厳院は天龍寺の塔頭(たっちゅう)寺院として、聖仲永光禅師により創建されました。

宝厳院の獅子吼の庭(読み方:ししくのにわ)は禅僧 策彦周良禅師により作られらお庭で、
獅子吼とは、仏がせっぽをするという意味で。
庭園を散策し、鳥の声や風の音を聴き、人生の心理を感じる、
というのが獅子吼の庭の由来となったコンセプトだそうです。

また、獅子吼の庭は紅葉が美しく、
紅葉シーズンになるとライトアップし、夜間拝観することができます。

ということで、獅子吼の庭を見学します。

入ってすぐの場所には苦海とその苦海を渡る舟を模した舟石があります。
対岸は仏の世界で十二支の動物を模した石が置かれています。

宝厳院の獅子吼の庭の苦海と舟石

このあたりはあまり紅葉が美しい木々が植えられえていないのですが、
こういうお庭って、石の一つ一つに何かしらの意味があるという点が面白いですよね。

獅子吼の庭からさらに進んでいくと碧岩があり、
そこから、さらに奥に進むと獅子岩がります。


宝厳院の獅子吼の庭の獅子岩


獅子岩の付近は、11月中旬(勤労感謝の日の三連休)のタイミングで、
紅葉が五分から七分くらいといったところでしょうか。
盛りというには少し早い気もします。
ただし、前日の雨で一部の葉は散ってしまし、
地面が紅葉のじゅうたんになっていました。

獅子岩の前かの小橋から書院の方向を見てみます。

宝厳院の獅子吼の庭で獅子岩から書院を眺める>

ちょうど盛りを迎えたモミジの燃えるような赤が、
よく栄えています。

宝厳院の出口にはモミジのトンネルがあるのですが、
この日はまだ青葉ばかりで残念な感じでした。

例年であれば、勤労感謝の日の三連休は、
京都市内は紅葉が見ごろの場所が多いのですが、
今年は暖かい日が多かったためか、青葉が目立ちました。
今年に限れば11月最後の土日のほうが紅葉はいい感じかもしれません。

天龍寺は相変わらずの人だかりだったので、
嵐山の駅から少し離れている大覚寺・清凉寺を目指します

つづく
京都嵯峨野の大覚寺 寺と池と紅葉のおりなす秋色の景色


------------------------------------------------------------------------------------------
◎秋の特別拝観
拝観期間 :平成27年10月3日(土)〜12月6日(日)
拝観時間 :午前9時~午後5時(受付終了:午後4時45分)
拝観料 :大人500円 小中学生300円
 宝厳院・弘源寺割引共通券900円


◎夜間拝観
拝観期間 :平成26年11月13日(金)~12月6日(日)
拝観時間 :午後5時30分~午後8時30分閉門
拝観料 :大人600円 小中学生300円

アクセス :JR「嵯峨嵐山駅」下車徒歩10分
 嵐電「嵐山駅」下車徒歩3分
 阪急「嵐山駅」下車徒歩10分
 京都市バス 「嵐山天龍寺前駅」で下車。徒歩約5分
 京都バス「京福嵐山駅前」で下車。徒歩約5分です。