2月になってCANONから続々と一眼レフカメラの新機種の発表がありますね。
どの機種も購買欲をそそるラインナップで
財布に余裕があれば今すぐにでも欲しくなってしまいます。

そんな物欲に溺れてしまいそうになってしまったとある2月の休日。
一体カメラメーカーはどんな頻度で新機種を出しているのか気になり、整理してみることにしました。
将来のカメラの買い替えの計画のご参考にしていただければと思います。 
(後継機の発売日予想はあくまでも私見ですのでご注意ください)

EOS Kissシリーズの後継機発売頻度

CANONのデジタルガメラのなかでも、初心者向けに作られたエントリーモデルのAPS-C機のシリーズであるEOS Kissシリーズ。海外では三桁Dとして発売されています。
初心者向けということですが、他の機種よりも重量が軽いため、気軽に持ち運べるという点がこのシリーズのメリットでしょうか。やはり写真は持ち運んで撮ってなんぼのものですので。

by カエレバ


2010年以降に発売したエントリー向けの EOS Kissシリーズの発売日と従来機からの変更点をまとめると以下のようになっています。(過去内は海外での機種名)

Kiss X4 :発売日2010年2月(550D)
 ・画素数up(1500万画素→1800万画素)
 ・ISO感度 常用100~6400
 ・連写 3.4枚→3.7枚/s

Kiss X5 :発売日2011年3月(600D)
 ・バリアングル液晶の導入

Kiss X6i:発売日2012年6月(650D)
 ・画像エンジンDIGIC4→DIGIC5
 ・ISO感度 常用100~12800
 ・連写 3.7枚→5.0枚/s

Kiss X7i:発売日2013年4月(700D)
 ・X6iとほとんど差異なし?

Kiss X8i:発売日2015年4月(750D)
 ・画素数up(1800万画素→2420万画素)
 ・画像エンジンDIGIC5→DIGIC6
 ・AF測距点:9点→14点
 ・Wifi機能搭載

(その他X50/X7/X50なども発売されていますが、廉価版ということで省略)

EOS Kissシリーズは1年~2年に1回の頻度で新しい機種が出ています。
今年は80Dを発売するということでKissシリーズの新作は出ないとすると、現在発売しているX8iの後継にあたるKiss X9iの予想発売日はおおよそ2017年の春ごろでしょうか。(あくまでも予想なのでご注意を)

Kiss X9iの予想性能としては、2016年4月に発売される80Dが参考になりそうですね。
エントリー向けのKissシリーズということなので、80Dの性能よりも高いということはないでしょうから、80Dの一部の機能を一部省略しつつ、重量が軽いモデルといった感じでしょうか!?


EOS二桁機(例70D/80D)の後継機発売頻度

2016年4月に発売される80Dなどのいわゆる二桁シリーズは、エントリー向のKissシリーズでは性能面では満足できないハイアマチュア向けのモデルになります。


by カエレバ


性能的には、同時期に発売されたKissシリーズの二世代分くらい後継機と同じくらいの性能といったところです。あとは、防塵防滴機能や機材の頑丈さはKissシリーズを上回ります。
一方、重量に関しては、Kissシリーズのカメラ本体の重量は500g程度ですが、二桁機の重量は700gと少し重量が重たくなります。これを重いととるか、そうでもないととるかは各人の判断でしょう。
 
EOS 60D :発売日2010年9月
 ・画素数up(1510万画素→1800万画素)
 ・画像エンジンDIGIC4→DIGIC5
 ・バリアングル液晶の導入
EOS 70D :発売日2013年8月
 ・画素数up(1800万画素→2020万画素)
 ・画像エンジンDIGIC4→DIGIC5+
 ・連写 5.3枚/s→7枚/s
 ・AF測距点 9点→19点
EOS 80D:発売日2016年3月
 ・画素数up(2020万画素→2420万画素)
 ・画像エンジンDIGIC5+→DIGIC6
 ・AF測距点 19点→45点
 ・ファインダ視野率100%

性能を見ていると画素数・AF・連写可能枚数やファインダ性能に至るまで、
時を経るごとにどんどん進化しています。

新しい機種へのリニューアルの頻度についてみてみると
EOS 二桁機シリーズは3年に1回の頻度で新しい機種が出ています。
2016年の3月に80Dが発売されるということですので、
80Dの後継機にあたる90Dの予想発売日はおおよそ2019年ごろでしょうか。
(あくまでも予想なのでご注意を)
そのころには一体カメラはどんな進化を果たしているのでしょうか??



EOS 7Dシリーズの後継機発売頻度

2015年、CANONのAPS-C機の新機種として話題になった7D Mark2。
70Dや80Dなどの二桁シリーズの上位機種になります。
7Dシリーズは抜群のAF性能を有しており、
スポーツや鉄道・飛行機や生き物などの動きものを撮影するためのカメラと言えます。
(ダイビング時の水中写真でも、スズメダイやベラ等の動きものを狙うには、7Dシリーズが良いそうです)


by カエレバ


EOS 7D :発売日2009年10月
EOS 7D Mark2:発売日2014年10月
CANONのAPS-C機の中では最もハイエンドなラインナップですので、そこまで機種の更新頻度は高く無いようです。おおよそ5年に一回くらいの頻度で新機種が登場しているようです。
ということで、次の7DMark3の発売を予想してみると2019年かくらいになるしょうか?ちょうど2020年に東京オリンピックが開催されるので、動きものに特化した7DMark2の後継機の発売のタイミングとしては、2019年というのは可能性として十分ありうる気がします。


EOS 5Dシリーズの後継機発売頻度

CANONのEOS 5Dシリーズといえば、CANONのフルサイズデジタル一眼レフカメラの王道モデルです。動きものも風景もなんでもこれ一機で美しい写真を撮影することができます。(5Dの性能の一部を省略した機種に6Dという機種があります。低コストでフルサイズのカメラに挑戦したい方にはこちらの方がおすすめ)


by カエレバ


EOS 5D :発売日2005年8月
EOS 5D Mark2:発売日2008年11月
EOS 5D Mark3:発売日2012年3月

おおよそ3~4年に一度の頻度で新しいモデルが登場しているようです。ということであれば、2016年もしくは2017年あたりに5DMark4が発売してもおかしくないはず。
ボディだけでも20万以上する機種なので、お財布的に厳しいですが、風景などをよく撮影するのでいつかはフルサイズの一眼レフカメラに挑戦してみたいです。予算の都合で6Dの後継機が発売されたら考えます。


ということで、過去のデジタル一眼レフカメラのモデル更新頻度から次のモデルの発売日を予想してみました(あくまでも素人の予想なのでご注意ください)。新しいカメラのボディの更新のタイミングの計画立案の一助になれば幸いです。