11月半ばの勤労感謝の日の三連休の初日。 
今日は天気が良かったので、 
京都までちょっくら紅葉の写真を撮影してきました。 

昨年も京都に紅葉を見に行きましたが、 
昨年は仁和寺龍安寺金閣寺などのきぬかけの道と呼ばれるエリアと 
永観堂の夜間拝観に行ってきました。 
今年は、嵐山や嵯峨野周辺を中心にフラフラしてきました。 
今回訪れることができたのは、 
宝厳院・弘源寺(天龍寺)、大覚寺、清凉寺、化野念仏寺、常寂光寺です。 


今回は常寂光寺について紹介します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

化野念仏寺から嵐山方面に戻ります。

嵐山方面に途中、壇林寺・祇王寺などの穴場的なお寺や
柿がたくさんなっている落柿舎などがありますが、
今回はスルーして、常寂光寺を目指します。

常寂光寺

常寂光寺は小倉百人一首で有名な小倉山の中腹に位置しており、
秋は山が紅葉におおわれ常寂光土のような風情があるとのことから
常寂光寺と名付けられたそうです。
古くは平安時代に藤原定家の山荘時雨亭があったといわれています。
 
そんな常寂光寺ですが、
ちょうど紅葉が見ごろのタイミングで訪れることができました。


(常寂光寺 仁王門付近にて)


仁王門

拝観券売り場から、モミジのトンネルとくぐり仁王門に向かいます。
古風な門と紅葉の組み合わせが趣深いです。




本堂側に階段から仁王門を望むと、
仁王門という額縁に紅葉の絵が描かれてる。
そんな美しい絵画のような景色を楽しめます。
ただし、人も多いです。。。



ゆっくり写真撮影させていただきました。

 

本堂

仁王門をくぐり正面の階段(男坂)を登ると本堂に到着です。
本堂は桃山城の客殿を移築されて作られたそうです。

本堂をお参りをした後、
本堂左手にすすみ裏手の山を登っていきます。 

 

多宝塔

本堂の裏手の山を登っていくとと多宝塔に到着です。
この辺りは紅葉が非常に美しかったです。

多宝塔からさらに山を登ると、
展望台のようになっており、京都市内の町並みをバックに、
多宝塔と紅葉を眺めることができます。
JR東海の「そうだ京都行こう」の常寂光寺版のCMで使われたのはこの辺りだとか。



ということで、常寂光寺はちょうどこの三連休が紅葉の見頃となっており、
真っ赤な紅葉とお寺の風情のある景色を堪能できました。
帰りは緩やかな坂道(女坂)を下ると、再び仁王門に戻ります。

ここから渡月橋周辺や阪急嵐山駅、嵐電嵐山駅、JR嵯峨嵐山駅までは、
徒歩で20分から30分程度でしょうか。
距離としては1.5kmから2.5kmくらいです。 

ということで、今年も紅葉を無事大満喫できました。

 

なお、12月中旬になると嵐山周辺は嵐山花灯路ということで、
嵐山周辺の道が灯りで照らされます。
常寂光寺は嵐山花灯路の季節(12月中旬)はライトアップしており、
夜間拝観が可能なようです。

寒い時期ですが、
クリスマス前の人恋しくなる季節でもあると思うので(?)、
デートなどで訪れてみるのもいいかもしれないですね。


--------------------------------------------------------------------------------------------
常寂光寺

住所 :京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
電話番号 :075-861-0435
拝観 :AM 9:00〜PM 5:00 ( PM 4:30受付終了)
拝観料 :400円

○常寂光寺夜間特別拝観(2015/12/11-12/20)
夜間拝観時間 :午後5時〜午後8時30分(8時受付終了)
拝観料 :大人400円・小学生200円(昼・夜間共通)