高知県の安芸市・室戸市あたりをドライブした際に、
四国八十八か所巡りをしてみようかと思い、
高知県の東部にある四国八十八ヶ所のお寺をめぐってきました。

何の予備知識もなくふらっと訪れてみたので、
巡礼のマナー等々もよくわからずの状態でしたが、
多くのお遍路さんが八十八か所巡りをされており、
その信仰の姿に心打たれました。
また、しっかり八十八か所について勉強して、
その他のお寺も訪問してみようかと思います。

ということで、今回は八十八か所のうち、
高知県の東部にある24番~27番札所のお寺を訪れました。

まず、最初に訪れたのは第24番札所の神峯寺です。
こちらは神峯山の中腹に位置しており、
四国八十八か所の中でも三番目に標高が高い場所(標高430m)に位置しているお寺です。
車でお寺に至る道もつづら折りの狭い急な坂道です。
徒歩で巡礼されている方は汗だくになりながら、巡礼道を登っておられました。
この遍路道は真っ縦とよばれ、遍路道の難所と言われているそうです。

車を駐車場に止めて、お寺の入口にあたる仁王門まで、徒歩数分。





そこから、さらに数分登ったところに神峯の水とよばれる湧水が湧いている場所があります。
こちらが手水所になります。
大変おいしい湧水でした。
病気が治るという御利益があるそうです。






本堂と大師堂はこちらからさらに階段を上ったところにあます。
両脇には綺麗な庭園が広がっています。


階段から下を見下ろすとこんな感じです。




やっとのことで、神峯寺の本堂に到着です。
見よう見まねで参拝します。





そして、大師堂も参拝します





神峯寺からさらに登ったところに神峯神社という場所があるらしいので行ってきました。
そこまで手入れがされていないのか、
自然の力を感じさせられ、厳かな雰囲気でした。





ここからさらに登っていくと空と海の展望公園と言う場所につき、
眺めも良いそうなのですが今回は時間の都合でカット。


最後に納経帳にお納経(ご朱印)を頂きます。
これで四国八十八か所デビューです。
(一か所目になかなか険しい場所を選んでしましましたが)

ちなみに、こちらのお寺は神后天皇が朝鮮半島進出の戦勝を祈願して、
天照大神を祭ったのが起源とされています。
また、幕末の頃、三菱財閥を築いた岩崎弥太郎の母が弥太郎の出世を祈願して通い続けたそうです。


御詠歌
みほとけの 恵みの心 神峰 山も誓ひも 高き水音

素人的な解釈ですが、山の気高さと信仰の高さをかけてるのでしょうか。
次回、訪問する際にはもっと勉強してから訪れたいです。。。

----------------------------------------------------------------------
第27番札所 竹林山 地蔵院 神峯寺
(ちくりんざん じぞういん こうのみねじ)

宗派:真言宗豊山派
創建:天平二年(730年)
住所:高知県安芸郡安田町唐浜2594
電話:0887-38-5495
駐車場:30台


クルマで札所めぐり 四国八十八ヶ所ルートガイド

新品価格
¥1,728から
(2015/7/7 21:54時点)