宮古島の中心部平良地区から車で20分ほど南に走らせた下地という地区に、
与那覇前浜ビーチというビーチがあります。
前浜と書いて『まいはま』という読み方をします。
『まいはま』というと千葉のどこかのネズミの国の舞浜と勘違いしてしまいそうですね。

与那覇前浜ビーチ

それはさておき、この与那覇前浜ビーチ。
トリップアドバイザーの日本の美しいビーチトップ10で毎年1位となっており、
日本一美しいビーチ、さらには、東洋一の美しいビーチともいわれています。
私も宮古島に訪れた際には、必ず一回は訪れて、心を癒しに行っています。
その美しさは何度訪れても、息をのむほどです。




与那覇前浜ビーチの白砂と透明度抜群の海の色。
この白砂のビーチがどこまでも果て無く続いています。
(ビーチの大きさは総延長7kmになるそうです)

ビーチの前には宮古島東急ホテル&リゾーツ(旧宮古島東急リゾート) というホテルがあり、
ここに滞在すれば与那覇前浜ビーチは徒歩でアクセスすることができます!
また、東急リゾートに宿泊しない方にも、無料の駐車場(40台)があります。

駐車場の近くにはシャワーやトイレや売店(夏季のみ開店)があり、
シュノーケルセットやパラソル・チェアなどをレンタルすることが可能で、
シュノーケリングや海水浴を誰でも楽しむことができます。
ビーチバレーのコートもあるので、ビーチバレーもできちゃいます。





夏には海水浴で込み合いますが、ビーチの総延長7kmという大きなビーチなので、
どこかしらでのんびりとビーチで過ごすことができます。

また、毎年4月に開催される宮古島トライアスロン大会では、
この与那覇前浜ビーチがスタート地点&ゴール地点&スイム会場です。
トライアスロンはしないですが、
こんな美しい海でスイムができるなんて羨ましい限りです


与那覇前浜ビーチを訪れるおすすめの時間は朝一番と夕方です。
朝一番に与那覇前浜ビーチを訪れると、
まだ誰も足跡を残していないきれいな砂浜の上を、散歩することができます。
また、夕方になると与那覇前浜ビーチは島の西側に位置しているので、
ビーチから海に沈みゆく美しい夕日を眺めることができます。


来間島


そんな与那覇前浜ビーチを眺める絶景展望台が
宮古島の南西側に浮かぶ島、来間島にあります。

与那覇前浜ビーチから車で5分ほど走らせた場所にある来間大橋を渡ると、
来間島にアクセスすることができます。
来間大橋は全長約1700mの橋で、1995年に開通した橋です。
沖縄らしい青い海の上を車でドライブすることができます。

来間大橋を渡り、来間島の集落の狭い道を車で走らせていくと、
竜宮展望台とよばれる展望台があります。
この展望台からは、来間大橋と与那覇前浜ビーチを見下ろすことができます。
この日は南側の空は晴れ間が見えていたので、
来間大橋と前浜ビーチをよく見渡すことができました。
遠くには上野ドイツ村の建物も見えています。




北側は曇り空だったので、
与那覇前浜ビーチ方向は空が映らないようにズームで撮ってみました。




来間島は来間大橋近くの集落を除き、
ほぼサトウキビ畑が広がるのどかな島です。
島の集落には女性向けのお土産にちょうど良い雑貨屋さんや
島カフェなどがあり、のんびりとした島時間を過ごすことができます。





島の南には長間浜というビーチがあり、
シュノーケリングや海水浴を楽しむことができるそうです。

宮古島に訪れた際には、来間島や与那覇前浜ビーチを訪れて、
白砂と青い海を眺めながらのんびりと島時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。