10月の体育の日の三連休。
ドイツ帰国直後の連休ということもあり、もともとはノープランでダラダラの予定でしたが、
非常に勿体無い気がしてきたので、2日間串本に潜りに行きました!

1日目はいつも串本にきたときに潜っている串本の西側のエリアへ。
2日目は台風ばりの西風が吹いていたので、
串本の東側のエリアにある冬季限定オープンのポイント須江に行きました。

串本町は本州の最南端に位置しており、
串本町の西側は、南西側から流れてくる黒潮が直接流れ込んでくるため、
水温は少し暖かくどちらかというと熱帯よりの海になります。
一方、串本町の東側のエリアは紀伊半島(大島)の影になるような形で、
黒潮が直接入り込みにくいため、どちらかというと温帯よりの海になります。
(したがって、この日も東側の方が水温が2度位低かったです)

まずは、1日目の串本の西側エリアでのダイビングについて、
紹介したいと思います。

備前(1本目)

1本目は串本の定番中の定番のポイント。
備前で潜りました。

アザハタ

串本のダイビングの定番といえば、アザハタです!
雑誌とかインターネットとかの串本の紹介写真としてアザハタの写真でよく載っていますね!
とりあえず、アザハタ を。



堂々とした風格です。
この辺りの海を納めるドンみたいなやつです。
猿山のボスといったところでしょうか。

少し泳ぎ進めると、イシガキフグが泳いでいました。
よくよく見てみると、大きな魚に襲われてしまい、顔が傷だらけで目がありません。
痛々しすぎるので写真は割愛しますが、おそらく寿命は長くはないでしょう。
大きさとしては40cmくらいのフグだったのですが、
これを襲う魚っていったいどんなサイズなんでしょうかねー。

ウデフリツノザシガヤウミウシ

いわゆるピカチューウミウシです。
実は初めて見ました。



だいぶ水温が下がってきたので、ウミウシが増えてきています。
ウミウシ好きな方は、これからがベストシーズンですね!
 
ということで、1本目は終了。

サンビラ(2本目)

2本目はサンビラというポイントへ。
串本海中公園の近くにあるポイントです。
水深も比較的浅いためのんびり潜ることができます。 

ミナミハコフグyg

エントリー直後、アンカー付近にあるサンゴの下をフワフワ 浮遊している
ミナミハコフグの幼魚がいました。
幼魚にしては大きめで2~3cmあった気がします。



毎度のことながら、かわいらしさ満点でつい追いかけてしまします。。。

ヒロウミウシ

岩の下に ひっそりと張り付いていました。
大きさは1cmほどの小さな個体です。
まだ子供なのでしょうか?



岩場の奥深くにいたので、正面からのショットは残念ながら取れず。
後姿だけです。

ヒレナガスズメダイyg

ヒレナガスズメダイの子供は黄色い体に黒いライン。
阪神タイガースみたいな虎柄ちゃんです。
成魚になるとジミーズに仲間入りしちゃいますが。





動き回るのでなかなか撮影しにくいです。
ブレたり向きが微妙だったりと、失敗写真ばっかりでした。
次に見かけたときはリベンジしたいです。 

オオスジイシモチ

岩の下を覗きこみながら何か面白いものがいないか探していると、
キンセンイシモチの群れの中に1匹別の個体がいました。
白い体に黒いライン。
尾びれの付け根に黒い斑点。
オオスジイシモチという種類の魚だそうです。 



ということで、1日目のダイビングは2本で終了。
この日の夜は串本名産のマグロ料理に舌鼓をうち、飲んだくれてしまいました。 
次の日は風が強いということなので、
果たして潜れるの否か、ビクビクし夜が明けるのを夢の中で待ちます。