4月の最初の土曜日。
京都の桜が満開となったということで、京都に満開の桜を鑑賞しに行ってきました。
お寺によって桜の品種や気象条件が異なるためお寺によって満開の時期は多少前後しますが、例年京都の桜は3月下旬から4月上旬が見ごろになります。

今年はどこに桜を見に行こうかと悩んでいたのですが、久しぶりにド定番の東山近辺を散歩したくなったので、八坂神社から円山公園を経由して、蹴上のインクラインから南禅寺に抜け、さらに北上し、哲学の道を通り、鴨川に抜けるルートで散策しました。

円山公園

阪急河原町駅から四条大橋を渡り、祇園方面に向かい、
八坂神社のかるーく通り抜け、円山公園を目指します。

円山公園の桜の見所といえば、枝垂れ桜です。
公園の真ん中に堂々たる風格で佇んでいます。
どうやら最近はカラスの糞害でダメージを受けて花をつけない枝もあるそうです。
とはいうものの、立派な花を咲かさせています。





八坂神社の境内や円山公園の周辺はは花見客をターゲットにした出店で賑わっています。
そして何よりも桜が満開の土日ということで、大勢の観光客でにぎわっています。



円山公園の枝垂桜は夜はライトアップされており、
深夜まで周辺は花見客でにぎわっているそうです。

知恩院と青蓮院門跡

円山公園から神宮道を北上すると、知恩院があります。
神宮道から三門のあたりに咲く桜を眺めることができます。
知恩院の中の友禅苑というところは桜がきれいだそうです(今回はカット)



知恩院をさらに北上すると青蓮院門跡があります。
こちらはどちらかというと紅葉で有名ですかね?
入り口の付近に桜は咲いていましたが。




ということで、青蓮院門跡も見学はカット。

蹴上インクライン

青蓮院門跡からそのまま神宮道を北にまっすぐ行くと、平安神宮に到着してしまうのですが、神宮道から三条通を東側に向かって進み、蹴上インクラインを目指して歩きます。
蹴上インクラインは、かつて滋賀県の大津から京都までの舟運を担った琵琶湖疎水の舟運ルートの一部で水路の落差が大きいため、インクラインという台車を鉄路に載せて運行させていた鉄路の跡地です。
現在は蹴上インクラインの周辺はたくさんの桜の木が植えられており、桜の季節になると、当時の鉄路周辺に満開の桜が咲き誇ります。





この日は桜が満開ということで、非常に多くの観光客でにぎわっていました。
もう、観光客を撮影しているのか桜を撮影しているのかわからないぐらいです。
(こういう場所に写真を撮影しに行く場合は人が少ない朝一番の時間を狙って訪れたほうがベターですね。。。)



結婚式の前撮りをしているカップルもいました。
中国人っぽい!?
これだけ人が多いと撮影するのも大変でしょうに。



蹴上のインクラインを上りきり、蹴上インクラインのわきにある蹴上水力発電所を経由して、琵琶湖疎水の水路沿いに歩いていきます。




少し歩き水路わきの階段を下ると、そこは南禅寺の境内です。

南禅寺

南禅寺の境内の中には琵琶湖疎水の水路が走っています。
この琵琶湖疎水の水路は水路閣と呼ばれていて、
写真好きにはたまらない撮影スポットなのですが、
今回はメインは桜の撮影ということで写真の撮影は控えめに。



水路閣から坂を下っていくと本堂に到着です。
本堂の裏にはいい感じに桜が咲いています。
ちょうど見ごろですね。



本堂の裏から表に回ります。
やはり桜のベストシーズンということで多くの人でにぎわっています。
といっても、円山公園ほどではないかな?



本堂からさらに坂を下ると、今度は和装で前撮りしているカップルが。
今日は桜満開の土日ということで、京都の写真屋さんは掻きいれ時のようです。
三門のあたりは人が多くていまいち写真だらけなので、
写真を掲載するのはやめておきます。

南禅寺の三門をくぐり南禅寺の境内から脱出したら
北に進路をとり、永観堂の前を通り哲学の道方面をめざします。
ちなみに永観堂はモミジで有名です。秋にはモミジのライトアップで大勢の人がにぎわっています。
モミジの永観堂 紅葉のライトアップ
(桜はそこまで有名でないので、今回は見学は省略)

つづく