8/1~8/3の三日間沖縄にダイビングに行ってきました。 

8/2は恩納周辺のポイントをボートで3本潜ります。
(1本目 『なかゆくい』でナカモトイロワケハゼ撮影会!?(2015/8沖縄本島2日目①)

2日目の2本目は『オーバーヘッドロック』というポイントです。
運が良ければ、水深25m付近にアケボノハゼがいるということで、
1日目の1本目のリベンジということで、アケボノハゼに再アタックです。

コンペイトウウミウシ

水中をウミウシが舞っていました。
半透明の体に黄色い斑点。
コンペイトウウミウシです。



コンペイトウウミウシですが、
今回の沖縄ダイビング旅のの1日目の1本目に見かけた
キスジカンテンウミウシと配色は似ています。
(1日目1本目:

キスジカンテンウミウシは、半透明の体の黄色い筋が入っているのが特徴ですが、
コンペイトウウミウシは、体は半透明ですが、体の突起の先端部のみが黄色になっています。

いろいろとネットで調べてみると、
どうやらキスジカンテンウミウシとコンペイトウミウシは種が近いそうで、
両者が交接して産まれた、両者の特徴を併せ持つ個体もいるそうです。
 

イソギンチャクモドキカクレエビ

名前の通り(?)イソギンチャクモドキというソフトコーラルに生息するエビです。
イソギンチャクモドキ専門です。

イソギンチャクモドキを見つけら、
イソギンチャクモドキカクレエビがいないか探してみるといいですね!




体長は1cm程度の小さなエビです。
さらにイソギンチャクモドキと体の色が近いので、見つけるのは大変です。
体長も小さく、イソギンチャクモドキに擬態しているので、
撮影するのも大変です。。。 

アケボノハゼ


さてさて1本目のホーシューでは水深50mに生息していたアケボノハゼですが、
このポイントには水深25m程度の場所に生息しているということ。

事前の情報通りの場所で(?)、
無事アケボノハゼを発見できました。

ということで、撮影会です!

本日1本目から水深30mのナカモトイロワケハゼの撮影会など
水深を深めにとっていたおり、体にだいぶ窒素がたまっているので、
のんびり撮影はできません。
とはいつつも、焦ってアケボノハゼに近づくと、引っ込んでしまうかもしれません。。。
 

はやる気持ちを抑えつつちょっとずつ近づきます。
 



結構寄れました。

全然引っ込まない結構肝の据わったやつです。

徐々に近づきながら撮影していたのですが、
窒素がいい感じにたまってきて、DECOってしまいそうだったので、
マクロレンズをつけての撮影は断念し、撤退しました。

1日目の1本目も水深50mにアケボノハゼがいましたが、
残念ながら、水深が深く水圧が高かったためか、
カメラのシャッターが切れず、証拠写真を残すことができませんでしたが、
2日目の2本目のオーバーヘッドロックで、
無事アケボノハゼの撮影ができました!

これで、悔いなく沖縄から大阪に帰ることができます(笑)