ビールの本場ミュンヘンのオクトーバーフェストに参戦し、
ぐでんぐでんになるまでビールを飲んだ翌日の旅5日目は、
中世ドイツの街並みがそのまま残る町ローテンブルクを観光します。

 前の旅行記:ドイツ旅行記2015⑥ 
   【ミュンヘン】 本場ミュンヘンのオクトーバーフェスト!(ドイツ旅行記2015⑥)

この日は、ミュンヘン→ローテンブルク→リューデスハイム(ライン川下りの拠点の町)という
約500kmにわたる大移動日でしたので 朝早めの出発です。

まずは、ミュンヘンから一気にローテンブルクを目指します。
ミュンヘン中央駅から電車を乗り継ぎ、シュタイナッハ(Steinnach)まで。
シュタイナッハでさらに電車を乗り継ぎ、ローテンブルクへ向かいます。
ミュンヘンからローテンブルクまで約3時間。
電車は1時間に1本程度です。
ローテンブルクの駅から観光地である旧市街の入口までは、
徒歩10分程度です。

なお、ローテンブルクの駅のホームにはコインロッカーが完備されています。 
重い荷物を持って石畳の町を移動するのはきついものがあるので、
スーツケースを持たれている方は、ここに荷物を預けておけば楽チンです。

ローテンブルク

ローテンブルクの町は中世及び近世の戦火を免れたため、
中世ドイツの町並みがそのままの状態で残っています。
町中を散歩すると、中世ドイツの雰囲気を味わうことができます。
おとぎ話に出てくるような町並みです。
(ということで、写真はおとぎ話っぽく、ふんわりと彩度高めで現像してみました!)



レーダー門

ローテンブルクの駅から旧市街の方に歩いて行くと、
城壁と旧市街入口の門にたどり着きます。
この門はレーダー門と呼ばれています。
14世紀に建てられたものがそのままの状態で残されています。
門の上に登ると市内を一望できます。



車が旧市街のほうからガンガン走ってくるので、
なかなか危ないですが。。。

マルクス門

レーダー門から町の中心部のマルクト広場方面に歩いていくと、
マルクス門があります。
個人的には、この門の周辺が一番きれいだったかな?



ローテンブルクの マルクト広場・市庁舎

旧市街の中心にはマルクト広場があります。
広場に面して、市庁舎が建っています。
市庁舎は、最初13世紀に建てられましたが、16世紀に半分が消失してしまいました。
その時、焼失してしまった市庁舎の半分は再建されました。
というこで、広場に面した側と奥側で建築様式が異なります。

なお、市庁舎の塔は登ることができます。
ただし、木組みの狭く急な階段を登る必要があるため、注意が必要です。



また、市庁舎の隣には、市議会員宴会場という建物があります。
こちらの壁には仕掛け時計があり、
朝10時から夜22時まで毎時0分に町を戦火から救った市長の話(マイスタートゥルンク)を
仕掛け時計で再現しています。
(市長がワインを一気飲みして町を戦火から救ったという話だそうです)




右が市長さんで、ワインを一気飲みしているところです。 
 

聖ヤコブ教会

町の中心部には2本の尖塔がトレードマークの聖ヤコブ教会があります。
祭壇の奥にはキリストの血を収めた聖遺物が祭られているそうです



ブルク門とブルク広場

レーダー門からちょうど町の反対側に当たる城壁には、ブルク門があります。
ブルク門から町の外に出た場所は広場になっています。
 この広場はブルク広場と呼ばれており、
この広場の南側からの町の眺めは必見です。




プレーンライン

マルクト広場から町の南側のほうに歩いていくと、
プレーンラインと呼ばれる場所があります。
道が二股に分かれており、左側がジーパー門、右側が下り坂となっています。
中世の木組みの家と石造りの門をいい感じに収めることができる撮影ポイントで、
ガイドブックにローテンブルクの町の写真としてよく紹介されている場所です。



今回は時間がなくて訪れることができなかったのですが、
ローテンブルクには中世犯罪博物館という博物館があり、
中世の刑罰や拷問などに使われた器具が展示されています。

ローテンブルクのお土産

観光客が集まる街ですので、お土産屋さんも充実しています。
簡単にこの町のお土産を最後に紹介します。

シュネーバル

ローテンブルクの地元の名産のお菓子として、シュネーバルというお菓子があります。
雪の玉という意味で、クッキー生地を丸めたものに白い粉砂糖がまぶされています。
特に味に癖はないので、町を散策しながらボリボリ食べてみてはいかがでしょうか。

_MG_5391

テディベア

_MG_5300

テディベアを専門に取り扱っているお店テディランドがあり、
有名なテディベアブランドであるシュタイフやハーマンなどのテディベアを購入できます。

クリスマスグッズ

_MG_5303

クリスマスグッズを専門に扱ったお店 ケーテウォルファルト クリスマスビレッジ 。
中には、ガラス細工のクリスマスツリーの飾りつけなどなど、
所狭しとクリスマスグッズが並んでいます。 
中を見学するだけでも結構楽しいので、オススメです



とうことで、ローテンブルクの町を4時間ほど散策した後、再び駅に戻ります。
ここから一気にライン川下りの拠点の町リューデスハイムを目指します。