4月の最初の土曜日。 
京都の桜が満開となったということで、京都に満開の桜を鑑賞しに行ってきました。 

今年は、久しぶりにド定番の東山近辺を散歩したくなったので、八坂神社から円山公園を経由して、蹴上のインクラインから南禅寺に抜け、さらに北上し、哲学の道を通り、鴨川に抜けるルートで散策しました。 
前々回は円山公園から南禅寺まで、前回は哲学の道を紹介しましたので、
今回は真如堂から吉田神社に岡崎疎水の周辺を紹介します。
桜の花満開の京都の町を散歩してきた【円山公園-蹴上インクライン-南禅寺編】
桜の花満開の京都の町を散歩してきた【哲学の道(熊野若宮神社・大豊神社)編】

真如堂

哲学の道からは途中でお別れし、哲学の道の西側にある真如堂を目指します。
真如堂は別名真正極楽寺とも言われており、
真如堂は春には桜、秋には紅葉と、春秋ともに楽しむことができる場所ですが、アクセスがあまり良くないためか、他の主要観光地に比べると観光客も少なく穴場的な桜スポットとなります。  

まずは本堂の前から。
穴場的といっても観光客はそこそこ訪れています。
哲学の道や蹴上インクラインほどではないですが。





真如堂の境内に建つ三重塔と桜。






本堂の脇にも立派な桜の木が一本。
この桜の木は『たてかわ桜』と呼ばれており、徳川家康の母春日局が父を伴うために植樹したとされています。通常のソメイヨシノは木の皮が横方向なのに対して、この桜の木は木の皮が縦方向なので『たてかわ桜』と呼ばれています。





宗忠神社と吉田神社

真如堂からさらに西に進むと宗忠神社という神社があります。
また、そのさらに西側には吉田神社があります。

宗忠神社

宗忠神社は黒住宗忠という江戸時代の神道家
祀った神社だそうです。
知る人ぞ知るという感じのお寺です。私も始めて聞きました。

神社の入口の鳥居周辺は緩い階段になっています。
神社の参道わきの桜並木が綺麗でした。



  
竹中稲荷神社

宗忠神社からさらに西に歩を進めると、竹中稲荷神社という小さな稲荷神社があります。近くにある吉田神社の末社だそうです。
ここも伏見稲荷大社に比べれば少ないですが、多くの鳥居が並んでおり、鳥居の脇には桜の花が咲き乱れています。超穴場の京都の桜スポットです。  




吉田神社

竹中稲荷神社から南方向に山を下っていくと、吉田神社があります。
境内には数本の桜の木がたっていましたが、
ここはあまり桜がたくさん咲いているというかんじではなかったです。




それよりもこの日は結婚式が行われいます。
桜は少ないとはいえ、こんな桜がきれいな季節に結婚式ができるのもうらやましいですね。

岡崎疎水


吉田神社から京大のキャンパスを突っ切り、南の方に下っていきます。
途中冷泉通という通りの付近に岡崎疏水という水路があり、水路脇には桜が咲いています。  




岡崎疎水は十石舟にのって水面から桜を楽しむことができます。
さすがに一人で十石舟は孤独だったのでやめときました。。。




ということで、雲が広がってきて天気もいまいちになってきた上に、
それよりも、普段歩きなれていない足を酷使して足を消耗させてしまったため、
今回の桜の鑑賞散歩は岡崎までにしておきました。

今回行けなった場所に、来年以降またリベンジできたらな、と思います。
(平野神社とかも行ってみたいですし・・・)