4月の最初の土曜日。
京都の桜が満開となったということで、京都に満開の桜を鑑賞しに行ってきました。

今年は、久しぶりにド定番の東山近辺を散歩したくなったので、八坂神社から円山公園を経由して、蹴上のインクラインから南禅寺に抜け、さらに北上し、哲学の道を通り、鴨川に抜けるルートで散策しました。
前回は円山公園から南禅寺まで紹介しましたので、今回は哲学の道付近を紹介します。
(桜の花満開の京都の町を散歩してきた【円山公園-蹴上インクライン-南禅寺編】)

哲学の道

哲学の道へは京都の有名な桜の名所に一つです。
銀閣寺の周辺から永観堂までの琵琶湖疏水沿いの小道にはソメイヨシノが咲き乱れています。
ここもものすごく有名なスクラブお名所ということで非常に多くの観光客で賑わいます。




疎水にかかる橋の上では写真を撮っている人がいっぱい。





この哲学の道から一本脇道にそれると
熊野若宮神社に大豊神社といった比較的小さな神社やお寺が建っています。
桜の木が立ち並ぶ哲学の道のメインの散策だけでも十分桜は綺麗なのですが、
一本脇道ににそれた場所にある神社仏閣を訪れると観光客の数も減り、
ゆっくりと桜を愛でることができます。

熊野若王子神社

哲学の道のちょうど永観堂側の入口付近に
熊野若王子神社という小さな神社があります。
小さな神社といっても、京都三熊野のひとつであり、
京都を代表する熊野神社の1つです。

哲学の道から一本脇道に入り、
小橋を渡り鳥居をくぐると境内に到着です。





境内は小さいですが、多くの桜の花が咲き誇っています。
境内では弁当の販売もさぱり、
私が訪れたのはお昼時ということで、
多くのお客さんが休憩所でお弁当を頬張っていました。






熊野若王子神社からもう少し山を登ったところに桜花苑という場所があります。
ピンク色の花を咲かせた桜の木が所狭しと並んでいます。 



ちょうど桜の花びらが散りかけており、地面も一面ピンク。
見上げてもピンク。
足元もピンク。
辺り一面ピンクの世界です。




こんな穴場が京都にあったなんて。
超穴場の桜スポットですので、観光客もわずか。
贅沢な時間でした。 

大豊神社

熊野若王子神社からもう少し北に上がった場所の脇道を入ると
大豊神社と呼ばれる神社があります。
梅に椿に桜。
春になると様々な種類の花が境内を彩ります。




桜もきれいですが、
この時期は椿の花もきれいなようです。




神社の本堂の前には桜の木と梅の木があります。
梅はすでに散ってしまっていましたが、桜は満開でした。



この大豊神社ですが、全国で唯一狛犬ならぬ、狛ネズミがいるということで有名です。
この社で祀られている大国主命がネズミに助けられたエピソードから狛ネズミが設置されたのだとか。

今日の狛ネズミは椿の花でおめかししていました。




右側の狛ネズミは学問を象徴する巻物を持っています。



左側にも狛ネズミがいて、左側の狛ネズミは水玉を持っています。

大豊神社は小さな神社ですが、子年には、多くの初詣客で賑わうそうです。

哲学の道から真如堂へ

哲学の道は銀閣寺から永観堂まで続いていますが、
ちょうど中間地点付近にある真如堂を訪れるため、
途中で哲学の道からはお別れして、西の方に進ます。

 (今回は永観堂付近から北のほうに哲学の道を歩き進めているので、
 今回の記事で紹介した神社はすべて哲学の道の南半分に立地している神社です。
 哲学の道の北半分には安楽寺というお寺があり、
 このお寺も桜がきれいだそうです。
 また、紅葉については法然院というお寺がきれいだそうです。)

桜観賞の遠足は真如堂編に続きます。




桜の花満開の京都の町を散歩してきた【真如堂-吉田神社-岡崎疏水編】