最近はラーメンを食べに行く頻度が高かったのですが、
時にはラーメンではなく、つけ麺を食べたい気分になり、
金曜の仕事後につけ麺を食べて帰りました。

今回訪れたお店は「つけ麺みさわ 本店」。
場所は大阪は福島。JR大阪環状線福島駅の近く。
仕事で肉体的にも精神的にも疲弊している中、
やっとのことで福島にたどり着きました。

つけ麺みさわを紹介する前に、
つけ麺みさわの隣にあるステーキハウスタケルについて、紹介しておきたいと思います。
こちらは大阪で大人気の安くてうまいステーキ屋さんです。
このお店の売りは1ポンドステーキ。
そして、10種類以上のステーキ用調味料。
金曜の夜にステーキタケルの前を通るといつも行列ができています。
ガッツリ肉を食べたい方は、こちらのお店もおすすめです。
私も「今日はガッツリ晩御飯!」と決めた仕事帰りにふらっと突撃することがあります。
1ポンドも食べれないのたいていはW250g程度に抑えますが。
(そういえば、東京の秋葉原にも出店したそうですので関東方面の方も是非挑戦してみください)
 

話が脱線してしまいました。
「つけ麺みさわ」の話に戻します。
「つけ麺みさわ」は行列のできるステーキハウスタケルの隣にあります。 
「つけ麺みさわ」に行列ができているのを私は見たことはありません
(私が訪れた時だけでしょうか?) 
隣のステーキハウスタケル強しですね

普段ステーキハウスタケルで並び、 
いつかは食べてみたいと横目で見ていた「つけ麺みさわ」に初挑戦です。


店の入口で食券を購入してから入店します。
店内に入ると、お店の中は満席近い感じで繁盛しています。




メニューについて紹介しておきます。
こちらのお店はラーメンは置いていなくてつけ麺のみです。
トッピングなしのつけ麺のお値段は750円ということなので、お値段としては標準的です。
つけ麺に梅干し・味玉・チャーシューをトッピングしたりできます。
つけ麺の汁が冷たくなった場合無料で焼き石を持ってきてくれたりします。





梅干しつけ麺を注文しました。
麺類に梅干しという組み合わせが、ちょっと珍しかったので。
食券を店員さんに渡して待つこと5分。
つけ麺がやってまいりました。 





こちらのお店では美味しい食べ方があるとのこと。
まずは、みじん切りの玉ねぎを汁に入れて、かつお粉と玉ねぎをよくませてスタンダードな汁でを麺を食す。
ある程度食べたところで、すだちを絞り、柑橘系の酸味を少々加えて麺を食す。
最後に黒コショウを加えて辛いめの味で残りの麺を食す。
残ったスープはカウンターの上にあるスープで一対一でわり、焼き石を入れてアツアツスープを味わう。





ということで、私もこの手順でつけ麺を食してみます。
まずは、ファーストステップ。
こちらはスタンダードなつけ麺の味です。
他のつけ麺のお店の汁よりも魚介感は少し薄いかな?
魚介系苦手な人でも大丈夫かもです。

次にセカンドステップのスダチ。
普段はラーメンの汁に酢を入れるのはあまり好きではないのですが、
スダチなどの柑橘系の酸味はなかなかいい感じですね。
(タイ風焼きそばのぱったいみたいな感じが好きな方は好みかも)

最後に黒コショウ。
入れすぎると辛いので適量にしましょう。

ということで、確かに一つのスープで味を三変化させて味わうことができました。
面白いですねー!

最後にスープでつけ汁を割って少々飲みました。
つけ麺のお店のつけ汁の味です。

ということで完食。

「つけ麺みさわ」のつけ麺は、味を三変化させることができ、一度の注文で三種類の味を堪能できる味三変化つけ麺です。隣のステーキハウスタケルの待ち行列にうんざりされた方、ぜひステーキハウスタケルの隣のつけ麺みさわに行ってみてはいかがでしょうか?


個人的評価 
★★★☆(3/5)


評価は可もなく不可もなくということで3ということで。
標準的なつけ麺のお店だと思います。

----------------------------------------------------------------------------
店名 つけ麺みさわ 本店
住所 :大阪府大阪市福島区福島5-6-11 福ビル 1F
交通手段JR環状線 福島駅から徒歩2分
 JR東西線 福島駅(2番出口)から徒歩1分
営業時間【月~金】11:30~14:30 17:00~24:00
 【土・日・祝】11:30~24:00
 ※スープがなくなり次第、終了
定休日 :なし
席数 :20席 (カウンター8席 テーブル12席)